イシナギの塩昆布〆

イシナギの塩昆布〆
大きなイシナギの柵をいただきました。
半分をお刺身で…。残りの半分は塩昆布で昆布〆にしましたが、美味しかったです。

材料 (2~3人分)

イシナギの柵
半身
塩昆布
大さじ2ぐらい
大さじ2ぐらい
刺身のツマ
適宜

1

イシナギの柵をグリルに入れて、表面の色が変わる程度に軽くあぶります。焼きすぎないように注意します。

2

深めの容器に①の柵を入れたら、塩昆布を全体にまぶし、上から酢を振りかけて、ラップで覆って冷蔵庫に一晩入れておきます。

3

味のついた柵を刺身のように切り、ツマと一緒に皿に載せて完成。
今回はキャベツの千切りにしました。

コツ・ポイント

表面をあぶったのは、残りの半分だったため殺菌も兼ねています。
新しければ生のままで良いと思います。
あぶりながら、カツオのたたきを思い出しました。
塩昆布や酢の量は、柵の大きさや好みで増減してください。
鯛やスズキでも良さそうですね。

このレシピの生い立ち

イシナギは初めて見る素材でした。
まずは刺身でいただきましたが、大きくて食べきれず残ってしまいました。
傷まないうちに昆布と酢で〆たら良いかな?と思いましたが、昆布がなかったので塩昆布を使いました、
どちらも美味しかったです。
レシピID : 5107495 公開日 : 18/06/04 更新日 : 18/06/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」