基本の配合でホシノ天然酵母パン

基本の配合でホシノ天然酵母パン
強力粉300g(食パン1斤分)に対して基本の配合で作って見ました。扱いやすいように油脂が少し入ります。

材料

270g(90%)
■全粒粉or&ライ麦orグラハム粉
30g(10%)
ホシノ天然酵母生種
24g(8%)
砂糖
18g(6%)
4.5g(1.5%)
ぬるま湯(30℃程度)
174cc(58%)
無塩バターかショートニング(常温に戻す。)
10g(3%)

1

100%強力粉で作る場合は、強力粉300gにしてください。
(■をあわせて300gにしてください)

2

粉類・砂糖・生種・ぬるま湯をいれ、軽く混ぜた後に塩と油脂(今回はショートニング10g使用)を入れ、更に良く混ぜ、ひとまとまりになったら、生地をこね始める。

3

表面がつるりとしてきたら、ラップをしてボウルに戻し入れ、一次発酵開始。
(冬場の時期だったため、”発酵35℃”の温度に設定したオーブンで40分発酵、スイッチが切れて後、そのまま8時間放っておく)

4

生地が1.5~2倍になったら、一次発酵終了。軽くガス抜きし、3等分に丸めなおして、固く絞ったぬれ布巾をかけてベンチタイム30分。

5

分割した生地を丸めなおして、ショートニング(分量外)を塗った食パン型に入れる。軽くラップをかけ、ぬれ布巾をかけて、二次発酵開始。

6

”発酵35℃”のオーブンで40分発酵、スイッチが切れてから、1時間半~2時間そのまま放置。
生地が2倍(食パン型の上限すれすれ、ラップにつくか付かないか程度を目安に)になったら、焼成。

7

写真

180度(ここではガスオーブン使用。電気なら+20度で。)で35分程度焼いて出来上がり。

コツ・ポイント

油脂が無いとこねにくいので、少量油脂を加えることで、扱いやすい生地にしました。ホシノの風味を大事にしたいので、ショートニングが一番いいと思います。

このレシピの生い立ち

朝、出勤前にこねて(3まで)、帰宅後(4から)続きをするとちょうど家事の邪魔にならず、翌朝のパンが夜に焼きあがるので、生活リズムに合うなあと思って。無油脂は生地が扱いにくいので、少量ショートニングを足しました。
レシピID : 510926 公開日 : 08/02/18 更新日 : 08/02/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

5 (3人)

16/02/08

写真

ホシノの良さ改めて理解した感^^ライ麦+皮パリ風味あり美味しい☆

卯月のうさぎ2014

ホシノは香り、風味がやっぱり違います。美味しそう、有難う♪

12/06/09

写真

形は違うケド、ホシノ酵母を頂いたので分量参考に作りました☆

sweetchiko

初めまして❤ホシノの香りが届きそう♬形成も素敵で美味しそう✿

09/02/07

写真

駿ちゃんの鶏ハムでバーガーに♫♬う~んやっぱり香りがたまらない❤

ちょぽまま

駿ちゃんの鶏ハム、美味しいよね♪コラボで嬉しい☆つくれぽ感謝

09/02/02

写真

ホシノ酵母にライ麦❤この香りが大好き→ܫ←レシピ大切にファイルへ

ちょぽまま

大事にしてもらってて嬉しい!ちょぽままちゃんのコメにも感激☆