FF研究所 【イチピラフ】

FF研究所 【イチピラフ】
アトルガンディスクで追加されたトルコ料理のひとつイチ・ピラヴ(Ic Pilav)。イチはトルコ語の松の実。レバーと松の実のピラフらしいけど、レバーが克服できないので鳥肉つかいまふ。『アトルガンごあん:第三弾』

材料 (2人分)

パインナッツ(松の実)
大2
ジズの肉(鶏肉)
150g
ブブリムグレープ(レーズン)
大1
セルビナバター(バター)
12g
アルザビライス(米)
100g
蒸留水
約140g
岩塩
少々
ブラックペッパー
少々

1

写真

レーズンはオイルコートされている物があります。(糖化を防ぐため)その場合はお湯で洗い流しておくほうがよいです。

2

鶏肉を一口大に切ります。鍋でバターを溶かし、松の実を炒めます。(鍋はルクルーゼつかってます)

3

松の実に火が通ったら、鶏肉を入れて炒めます。塩・胡椒で味を調えます。

4

鶏肉に火が通ったら米(洗わない)を入れて炒めます。米が透明になったら、水とレーズンを加えて蓋をして炊きます。(炊飯器を使う場合は、この時点で移して炊いてください。)

5

水が沸騰するまで中火にかける。(すぐ沸きます。)沸騰したら弱火で約12分、その後火を止めて約10分蒸らし。蒸らしの時は赤子が泣いても蓋とるなで【はい、お願いします。】

6

ルクルーゼでお米を炊く方法は、検索すれば詳しいことが出てくるかと思われますのでかなり手抜き説明です。

7

写真

(*'ω')アトルガンごあんセットの完成!松の実とレーズンがアクセントになっているので、レーズン嫌いにはオススメできないかも。あと酢豚のパイナップルが嫌いな人とか。

コツ・ポイント

塩の旨みが重要デス(五月蜂)。あとインディカ米のが美味しく作れそう。コンソメを少し足すと旨みがでるかと思われます。水の量は鍋、湿度、米の鮮度等によって違ってきますので調節が必要です。今回は若干硬めに仕上がるかと思います。米を洗わずに使うのはパラリと仕上げたかったからです。

このレシピの生い立ち

ヴァナレシピ(FF11レシピ)を忠実(食材変換有)に復元。『アトルガンごあん』のDestinyさんをリスペクト㊥!他のレシピもやってみるかな…と思い、ピラフに食いついてみた。ひとまず安全牌を選ぶ自分に乾杯。
レシピID : 511271 公開日 : 08/03/06 更新日 : 08/03/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」