パプリカのみっしり肉詰め

パプリカのみっしり肉詰め
大きなパプリカをくり抜いて,パプリカ風味のお肉をみっしり詰め込んで.

材料

パプリカ(黄)
大2個
パプリカ(橙)
大1個
パプリカ(赤)
大1個
パプリカ(緑)
小4個
牛ひき肉
250g
豚バラ肉スライス
250g
玉ねぎ
大1個
白米
1合
トマト缶
300g×1缶
完熟トマト
4個
小麦粉
大さじ1
調味料
パプリカ(粉)
15グラム
岩塩
適量
黒こしょう
適量
砂糖
大さじ1

1

写真

ピーマンは柄の部分をナイフでくり抜いて中の種をかき出す.このときうっかり側壁を破ったりしないように.

2

みじん切りにした玉ねぎとにんにくをオリーブオイルでじっくり炒め,牛ひき肉と豚バラ肉(細切れに切る)を炒め合わせる.

3

写真

研いだ白米(生米)を 2 に投入し,大量のパプリカ(粉末)とパセリと小麦粉を加える.火を止めて冷ます.

4

写真

3 が冷めたら 1 のパプリカに情け容赦なくギュウギュウ詰めにする.小さめのスプーンを使うとみっしり詰め込める.

5

写真

シチュー用の深鍋に 4 のパプリカを並べ,缶詰トマトとざく切りの完熟トマトを投入し,水500ccと砂糖を加えて加熱する.

6

写真

沸騰したら火を弱めて1時間ことこと煮続ける.塩胡椒で味を整えて食卓へ.今回はパスタを付け合わせにしてみた.

7

写真

肉詰めパプリカをまる二晩ことこと加熱し続けると,壁の薄い緑パプリカはしだいに煮崩れていく.ご飯のおかずにはぴったりかも.

8

写真

鉄壁の巨大パプリカは煮込み続けてもしっかり原形を保っている.パスタのてっぺんに鎮座させ,煮込みのトマトソースをかける.

コツ・ポイント

パプリカが主役なので,できるだけ巨大な肉厚のものを選ぼう.香辛料である粉末パプリカの使い方は大胆なマジャール風に.日本で売っている小瓶だと一本まるごと使い切るつもりで.皿に漂うパプリカの香りはハンガリー大平原の郷愁を誘う.

このレシピの生い立ち

パプリカの肉詰めは山崎佳代子『パンと野いちご:戦下のセルビア、食物の記憶』(2018年5月,勁草書房)に登場する.このレシピではハンガリー料理みたいになってしまったが,ハンガリーとバルカン諸国とは地理的にはお隣さんなので料理文化も共通する.
レシピID : 5116304 公開日 : 18/06/10 更新日 : 18/06/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」