改良版_なすと豚肉の甘辛炒め/スタミナ丼

改良版_なすと豚肉の甘辛炒め/スタミナ丼

Description

炒めものとしても、スタミナ丼としても使える、「なすと豚肉の甘辛炒め」です。
いつでもおいしく出来るように改良しました!

材料 (1人分)

なす(中~中のやや大)
1個(120g~150g台)
豚肉
70g台~90g台
ピーマン(中)
1個(40g台~50gちょっと)
 
たれ
  エバラすき焼きのたれ
大さじ2.5(~3.0)
小さじ2くらい
  酒(料理用清酒)
大さじ0.5強
  丼作成時には 水を追加!
大さじ1
 
豚肉の下処理
  塩
1/4小さじ半分強
  お好みで  コショウ
少し
1/2大さじ2弱
 
なすの下処理
  水
20cmボウルに7分目位
  塩
1/4小さじ1.5位
 
炒め用
  サラダ油(なす用、ピーマン用、豚肉用)
−−
  お好みで  おろししょうが(チューブ)
−−
 
丼作成時
  ご飯(あたたかいもの)
250g~320g

作り方

1

豚肉は一口大に切って、軽く塩[・コショウ]をしておきます。

室温になじませておきます。

2

なすは、厚すぎず薄すぎずの、5ミリ強くらいにタテ方向にスライスする。(7ミリくらいではうまく焼きにくい!)

3

写真

130g以上のなすであれば、上下2分割後に立てた状態で上からカットすると、一定の幅で切りやすい。

4

写真

うすめの食塩水をボウルに作り、カットしたなすを3分くらい漬ける。

時々、なすが全身漬かるように上下を返すようにする。

5

④のなすを水洗いしてざるに上げ、軽く握るなどして水気をなるべく減らす。

6

フライパンに多めの油を入れて熱し、熱くなったら⑤のなすを並べて両面にやや焼き色がつくまで焼く。

2分半以上+2分半位

7

写真

最初は皮面を下に。(色の保持用)

工程⑥では、中火で2分30秒くらいしたら裏面の焼け具合を確認する。 (続く)

8

写真

   (続き)
時々、しゃもじ等でツンツンツンとなすを少し押さえて、良く焼けるようにしてやる。

写真⑦は裏返す直前

9

写真

両面に良い焼き色がついたら、順次ボウル等にいったん取り出す。

火力の弱い部分のなすは、延長戦で中央部分に移して焼く。

10

写真

なすを焼いてる間に、ピーマンの下ごしらえをする。

丸ごと1個をラップで包み、600Wで30秒チンし、1分半ほど(続く)

11

写真

   (続き)
そのまま放置、ラップを外して、粗熱が取れたら縦半分に切りわたと種をとってから、食べやすい大きさにカット。

12

参考:

工程⑩の方法でピーマンの苦みがかなり減って甘くなるらしい。

13

写真

フライパンに油を足し、⑪のピーマンを入れて外側の面が下になるようにして、けっこう「火ぶくれ」が出来るまで1~2分位焼く。

14

写真

けっこう「火ぶくれ」が出来たら、箸で裏返して内側の面も焼く。
とりあえず1分くらい。

ピーマンの内側の面を  (続く)

15

写真

半分ちょっとくらい焼いたら、片側に寄せ、中央に少し油を足し、
豚肉に片栗粉を薄めにまぶし、フライパンの中央に投入する。

16

写真

豚肉を動かさずに1分くらい?焼く間に、ピーマンをフライパンの縁の円周上に並べていき、ピーマンも同時に焼いていく。

17

その「1分くらい?」の途中であっても、ピーマンが『好みの焼けた状態』になったら、ボウル等に取り出していく!

18

豚肉を裏返して炒めていき、くっついてる部分があれば出来る範囲で切り離すようにする。

19

写真

豚肉が炒まったら、なすとピーマンを戻し入れて、少し炒めて、
具材があたたまりなじんできたら

20

合わせ調味料を入れて炒めていき、全体に味を行き渡らせ、水分をある程度飛ばす。

21

水分がある程度減って<炒めもの/丼もの>用の状態に近くなったら、具材を寄せてフライパンを少し傾け、空いた所に  (続く)

22

写真

おろしにんにく[・おろししょうが]を入れ、具材と少し炒めてから、フライパンを元に戻し、にんにくを全体に行き渡らせる!

23

にんにくは、たれというか煮汁がある程度減ってから入れた方が、いい味をより出してくれるようです。

24

写真

煮汁が目標の<炒めもの/丼もの>用の状態になったら、火を止める。

25

写真

丼ものにする場合には、煮汁をスプーンですくって何杯かご飯にかけてから、具をご飯の上にすべり込ませていきます。

26

写真は、なす140g台前半、豚肉91g、ピーマン51g、すき焼きのたれ_大さじ3で作成。

やや味が濃かったよ。

27

ご飯は270g弱で。

写真の丼には「切立」形状の丼を使用してるので、ご飯が少なめでもこのような感じに見えます。

28

−− 補足1 −−

手順が多くてごちゃごちゃしてるけど、いつでも、誰でも安定しておいしく出来るように工夫した結果です。

29

−− 補足2 −−

⑨の写真は、両面を焼き上げた直後に2回目の裏返しして撮影。2個はちょっと焼きすぎ、2個は延長戦へ。

コツ・ポイント

なすは、薄めの塩水に漬けて水分の通り道をあらかじめ作っておきます。

ピーマンは、しっかり焼くために、レンチンで6割以上火を通した上で、単独である程度まで焼いておきます。

豚肉は、カタクしないために、塩を振っておいて単独っぽく炒めます。

このレシピの生い立ち

アイデアは元レシピ「簡単! なすと豚肉の甘辛炒め/スタミナ丼」(ID:4894517)の通りですが、豚肉がカタクなるのとピーマンが炒め不足だったりするのを解消し、なすを安定的に焼けるようにして、全面的に改良しておいしく出来るようにしました。
レシピID : 5120296 公開日 : 18/06/13 更新日 : 18/06/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」