中国人から教わった黒豆ごはん

中国人から教わった黒豆ごはん
もどし汁+梅干+みりんで白米が鮮やかな赤紫色になり、梅干と黒豆のコラボが(桜の)花びら茶を彷彿させます・・・春になったらお弁当に詰めてお外で食べたい!そんなつやつやご飯です。

材料 (4人分)

黒豆
半カップ
梅干
大1ヶ
白米
2合
 

1

前日、乾物の黒豆は軽くすすいで水に浸しておく(豆の大きさ、質にもよりますが私は前日の昼に仕込みます)

2

お米は普通に磨ぎ、そこに黒豆と梅干(種つきのまま、少し裂いて)をいれる。黒豆の戻し汁+みりん少々に、炊飯に必要な水を足して炊飯器白米モードで炊きます。

3

炊き上がったら梅干の果肉が全体にゆきわたるようにしゃもじで軽く混ぜてできあがり。

コツ・ポイント

特にありません。黒豆は煮豆と違った歯ごたえのある仕上がりになりますが、噛むほどに豆本来の味がして美味しいです。

このレシピの生い立ち

中国人のマダムから教わりました。マダムはその昔、日本に滞在していたことがあり、その時日本人の知人から教えてもらったそうです。つまり、一旦海外にでたレシピがまた日本へ戻ってきたわけです!
レシピID : 512195 公開日 : 08/02/19 更新日 : 08/02/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」