ハーブたっぷりローストチキン

ハーブたっぷりローストチキン
ローズマリーが効いたさっぱり味のローストチキン。
このままでも、様々にアレンジしても美味しいです。

材料

鶏肉(中抜き)
1羽
セロリ
1束
フレッシュハーブ(ローズマリー)
たっぷり
ドライハーブ(タイム・月桂樹)
適宜
天然塩
1カップくらい
黒胡椒・クレイジーペッパー
適宜
たっぷり
ジャガイモ・人参など
適宜
たこ糸・竹串

1

写真

材料の準備
丸鶏はよく洗って水気をふき取る。
セロリは適当な大きさに切る。
フレッシュハーブは洗って水を切っておく。
塩・ドライハーブ・スパイスをまぜておく。

2

写真

塩とスパイスを混ぜたものを、鶏の外と中、手羽先の内側などにたっぷりすり込む。
1カップ使い切るくらい、たっぷり揉み込むのがコツ。
セロリとフレッシュハーブの2/3量を鶏のお腹に詰め、口を竹串で留め、この状態で1~2時間休ませる。

3

写真

鶏のもものあたりにフォークで数カ所穴を開け、両足を揃えてたこ糸で縛る。
鉄板にオーブンシートを敷き、ハーブの上に鶏を置く。
表面にオリーブオイルをすり込み、ハーブや月桂樹を散らす。
一緒に焼く野菜にもオリーブオイルをかける。

4

写真

200℃に温めたオーブンで30分→180℃で60分
(オーブンの性能や、鶏の大きさによる)

鶏から出た油をかけ、ゆっくり裏返しながら均等に火を通す。
ももに串を刺して、透明な汁が出るようならOK

コツ・ポイント

・鶏にしっかり塩をすり込むこと。
・フレッシュハーブをたっぷり使うこと(ローズマリーやタイムなど)
・鶏から出たオイルを表面に塗りながら、確実に火を通すこと。
・もし解体して中が赤かったら・・・レンジでチンしましょう。
・今回お腹を下にして盛りましたが、逆に飾るのが一般的かもしれません。


このレシピの生い立ち

昨年に引き続き2回目の丸鶏ロースト、ハーブが効いたシンプルな美味しさです。
今回のクリスマスは、解体したチキンを使ってチーズフォンデュをしました。

☆こちらに詳しいメニューがあります☆
http://mswebfood.exblog.jp/7818211/
http://mswebfood.exblog.jp/7808174/
レシピID : 512333 公開日 : 08/02/19 更新日 : 08/02/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」