鯛のあらを使ったあっさりすまし汁

鯛のあらを使ったあっさりすまし汁

Description

釣りに行って、椀に入るサイズの頭の鯛が釣れたので作ってみました。

材料 (3〜4人分)

鯛のアラ(30cm程)
1匹分
1000cc
小匙1
昆布
少し(3cm角程度)
醤油
小匙1〜1.5(お好みで)
白だしか醤油
小匙2
下処理用のお湯
約1リットル

作り方

1

鯛のあら両面に塩を振り、5分ほど放置する。
頭は出刃で割るか、お店で割ってもらうと怪我しなくて安全です。

2

写真

水に昆布と酒を入れ、下処理が済むまで放置する。

3

写真

鯛のあらを湯引きして、流水で血合いや鱗を丁寧に手で取り除く。
硬くて取りきれない場合、再度お湯をかけ流水と手で剥がす。

4

写真

鍋にあらを入れて、中火で沸騰させないように火にかける。
白だしまたは醤油を入れる。
この時に昆布は取っても良いです。

5

写真

沸騰しそうになったらアク取りシートなどで灰汁を取り、火を止める。
(写真はアク取り前)

6

写真

椀によそって完成。
三つ葉を添えたり、柚子を散らしても爽やかに頂けると思います。
鯛の旨味が溢れた一品です。

コツ・ポイント

昆布は沸騰前に取り出して下さい。
グツグツと煮過ぎない方が良いです。

このレシピの生い立ち

あら汁をすまし汁にしたら、あっさりと上品に仕上がるのかな?と思って作りました。
柚子や三つ葉があっても良かったですね。
レシピID : 5126521 公開日 : 18/06/17 更新日 : 21/06/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」