貧乏うどん‐あったか編‐

貧乏うどん‐あったか編‐
最低限の材料しかないときの場合です。
冷たいバージョンもあります。うどん冷やすだけですけど。

材料 (自分の胃袋分)

うどん
食べたい分
ツナ缶
一缶
お好みで

1

うどんを食べたい量ゆでる。

2

茹であがったうどんをザルにあけ、水で洗ったりせずにそのまま丼ぶりへ。

3

丼ぶりに入れたうどんの上にツナ缶をかける。油が嫌な方はちょっときってからどうぞ。

4

その上からめんつゆを回しかけて味付け(お好みで)。
一回し半ぐらいかな。

5

できあがり。

コツ・ポイント

最低限の材料で作る場合です。私はうどん2玉に対し、油そのままツナ缶半分で食べました。ツナは脂でギトギトなので、一缶は使いきれない場合あり。ツナの量はお好みで。醤油よりもやはり、めんつゆのほうがおいしいと思います。写真はネギのってますが、「この日」はネギがあったんです。きざみ海苔でものせればちょっと豪華。

このレシピの生い立ち

麺類にツナはばあちゃんがやってました。なぜか家では「ひっぱり」って言います。
レシピID : 513170 公開日 : 08/02/21 更新日 : 08/02/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」