捨ててませんか?→大根の皮で巾着~♪

捨ててませんか?→大根の皮で巾着~♪
おでんを作るとき、大根の皮、捨ててませんか?
干してからお湯で戻すと、かんぴょうのかわりに巾着の口をしばるのに使えますよ!

材料 (適宜)

大根の皮
適宜
油揚げ
適宜
もちなどのお好みの具
適宜

1

写真

大根の皮を0.5cm幅ぐらいにきり、ざるに広げて日に当てて干す。(雨に当てないように注意すれば、出しっぱなしでもOK。)

2

写真

よく乾いて軽~くなったものを、熱湯をかけてもどしておく。

3

油揚げを半分に切って油抜きをし、口を開いて袋にする。

4

お好みの具をつめて、口をしぼって、2でしばれば、巾着のできあがり!おでんの具などにどうぞ。

5

トップの写真は手前から、もち巾着、根菜たっぷり鶏つくね巾着。楊枝で留めたのは卵入りです。

コツ・ポイント

かんぴょうほど丈夫ではないので、大根の皮で絞るのではなく、必ずひだを寄せてからそっと結ぶのがこつです。
さらに余った皮は、おみそ汁の具などにして使って下さい。

このレシピの生い立ち

ふだん、大根や人参など根菜類の皮はむかずに食べることが多いのですが、おでんの大根だけは皮をむきたい!けどなんだか捨てるのももったいない!!ということで思いつきました。かんぴょうより手軽なのに、楊枝で口を綴じるより雰囲気がでて、お気に入りです。
レシピID : 513813 公開日 : 08/02/21 更新日 : 08/02/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」