鶏と胡瓜、木耳の薬膳スープ

鶏と胡瓜、木耳の薬膳スープ
 体を冷やしがちな夏にお勧めの薬膳スープ

素材の旨みと塩麹の優しい味わいが嬉しい、私のお気に入りです♡

材料 (1~2人分)

鶏肉(ささみ使用。胸やもも肉でも)
2本(100g)
10g
干し海老
大さじ1
1/2片
きくらげ(乾燥)
5g
胡瓜
1本(約100g)
300cc
塩麹(仕上げ)
小さじ1弱

1

写真

鶏ささみは筋を取って小さめ一口大に切り、*塩麹をまぶしておく
(30分~ひと晩でも)

2

写真

・木耳→ぬるま湯で戻して一口大
・生姜→千切り
・胡瓜→大き目一口大乱切り
・干し海老→分量の水につけておく

3

写真

鍋に【②】の水と干し海老を入れて10分ほど置いたら生姜を加えて点火
沸騰してきたら鶏肉と木耳を加えてアクをすくう

4

写真

鶏肉に火が通ったら、胡瓜を加え、煮立てない様に注意して2分ほど火を通す

最後に塩麹で味を調える

5

写真

干し海老と塩麹、鶏の旨みが染みて、体に優しいスープ

ボリュームもあってお腹も満足です
(^_-)

コツ・ポイント

・胡瓜は煮るのではなく、食感が残る程度に2分程火を通す位が美味しいです
・干し海老は中華食材の固いもので、旨みがあるので煮物やスープに使います
・仕上げの塩麹を、ナンプラーに代えるのも◎
・鶏もも肉に代えると旨みが更に増します。お好みで。

このレシピの生い立ち

 義父の畑から大量に届く胡瓜
生で食べるのも美味しいけれど、薬膳では体を冷やす涼性の野菜でもあるので、身体を温める生姜や血流を良くする干し海老や木耳、鶏肉と組み合わせて温かいスープをよく作ります。塩麹で更に健康的に。お気に入りのご紹介です
レシピID : 5139134 公開日 : 18/06/25 更新日 : 18/06/25

このレシピの作者

発酵食スペシャリスト、国際薬膳食育師、食育インストラクター、0期レシピエール

新潟市出身、東京都在住
旦那さん(山形出身)、9歳娘、5歳息子とほのぼの楽しく暮らしています(*^_^*)

子育て等日々のあれこれはblogにも綴っています
http://usaginoshima.com

レシピの見直し等あり。どうぞ宜しくお願い致します(o^—^o)

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」