ズッキーニと鶏ひき肉のピリ辛あん

ズッキーニと鶏ひき肉のピリ辛あん
野菜ソムリエ考案レシピ。特にテクニックは必要ありません。ザックリ炒めて作る簡単料理。ご飯にのせ丼でもGOOD


材料 (2人分)

ズッキーニ
1本
40g
鶏ひき肉
120g
小さじ1/2
小さじ2
<調味料>
・しょうゆ
小さじ2
大さじ1
・塩
少々
・水
大さじ1
<水溶き片栗粉>
小さじ2
・水
大さじ1・1/2

1

ズッキーニは1㎝幅の輪切りにします。青ねぎは3cm幅の斜め切りにします。

2

<調味料>と<水溶き片栗粉>を合わせておきます。

3

ズッキーニはサッと水に濡らして耐熱容器に入れ、電子レンジ(600w)で1分30秒加熱します。

4

フライパンにごま油とにんにくを入れ、弱火にかけます。香りが立てば続いて豆板醤を入れます。

5

豆板醤の香りが立てば鶏ひき肉を加えて中火にし、ザックリほぐします。(パラパラにする必要はありません)

6

写真

鶏ひき肉に火が通れば、ズッキーニを加えて炒め合わせます。

7

<調味料>を加えてさらに炒め合わせ、青ねぎを加えてしんなりするまで炒めます。

8

水溶き片栗粉>を回し入れ、ダマにならないようにかき混ぜながらとろみをつけます。器に盛りつけます。

コツ・ポイント

時間に余裕があるなら、ズッキーニは電子レンジではなく、先にフライパンで焼いてもいいでしょう。ひき肉は火が通ればいいのでほぐす必要はありません。肉の食感が残ります。またひき肉はモモの方がコクが出て、ムネはあっさりいただけます。

このレシピの生い立ち

ズッキーニはカボチャの仲間ですが、ナスと同じように扱えさらにサクッとした良い歯触りがあります。またズッキーニは味が染みにくいですがあんにすることで味がつき、豆板醤の辛みは夏の食欲減退対策になります。野菜ソムリエ<馬渕正治>考案。
レシピID : 5139210 公開日 : 18/07/30 更新日 : 18/07/30

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

18/08/16

First tsukurepo mark
写真

一晩おいて温め直してもとてもおいしかったです。

ふくたる

ひと晩置くと味がなじみますよね。作り置きにもぜひ。