万願寺とうがらしとタコの冷製マリネ

万願寺とうがらしとタコの冷製マリネ
野菜ソムリエ考案レシピ。肉厚で爽やかな香り魅力の万願寺甘とうは、タコにも負けない存在感。冷たく冷やして召し上がれ

材料 (2人分)

万願寺甘とう(万願寺とうがらし)
1パック (4~5本)
ゆでタコの足
2本(約120g)
パプリカ(黄)
1/2コ
玉ねぎ(中)
1/2コ
適量
バジル(生)※大葉でも可
5~6枚
<マリネ液(よく混ぜ合わせる)>
・砂糖
小さじ1/4
・塩
少々
・あらびき黒こしょう
少々
・ しょうゆ
小さじ1/4
大さじ1
大さじ2

1

万願寺甘とうは、串などで数カ所穴をあけてヘタを取り、グリルなどで素焼きにします。

2

ゆでタコは食べやすい大きさのブツ切りにします。

3

パプリカは種を取り、食べやすい大きさに切ります。玉ねぎは薄くスライスして酢水にさらし、水気を切ります。

4

万願寺甘とうの粗熱がとれたら、3~4等分に切ります。バジル(または大葉)は粗みじん切りにします。

5

大き目のボウルでマリネ液を作り、2、3、4を加えてさっくりと混ぜ、冷蔵庫で冷やします。

コツ・ポイント

万願寺甘とうは、しんなりするまで加熱してください。素揚げやソテーにしてもいいでしょう。色鮮やかに仕上がります。
マリネ液はお好みで。ぽん酢しょうゆに油を加え、おろし生姜やミョウガを添えると、和風仕立てになります。

このレシピの生い立ち

京都府北部のにのくに地区限定生産、厳選出荷された「万願寺甘とう」。辛みがなく爽やかな香りと甘み、肉厚な果肉が魅力の万願寺とうがらしです。素材力を活かして、白ワインにもよく合う一品に仕上げました。野菜ソムリエプロ<民野摂子>考案

レシピID : 5140472 公開日 : 18/07/31 更新日 : 18/07/31

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」