【野菜ソムリエ】万願寺とうがらしのプリン

【野菜ソムリエ】万願寺とうがらしのプリン
野菜ソムリエ考案レシピ。万願寺とうがらし(甘とう)の存在感を保ちつつ、スイーツとしての満足感を実現しました。

材料 (小さめのココット(90ml)6~7個分)

万願寺甘とう(万願寺とうがらし)
正味150g (5~7本分)
少々
牛乳
150ml
50ml
大さじ4(50g弱)
2個
<カラメルソース>
大さじ3(36g)
・水
大さじ4
<トッピング>(好みで)
6~7枚
・ピンクペッパー
6~7粒

1

カラメルソースを作ります。小鍋にグラニュー糖と半量の水を加え、色づくまで弱火でじっくりと熱します。

2

写真

1が程よく色づけば、残りの水を加えて鍋をゆすり均一にします。出来上がったカラメルソースをココットに入れます

3

写真

万願寺甘とうは、ヘタと種、ワタを取り、軽く塩をふります。(この状態で約150g)

4

写真

蒸気の上がった蒸し器に3を入れ、軟らかくなるまで約5分蒸します。熱いうちにミキサーにかけペースト状にします

5

4に牛乳、生クリーム、グラニュー糖を入れて更にミキサーにかけ、冷まします。(熱くなければOKです)

6

5に割りほぐした卵を加えて、軽くミキサーにかけます。(プリン液)

7

写真

6のプリン液を2の型に静かに注ぎ入れ、アルミ箔でフタをします。

8

写真

蒸気の上がった蒸し器に7を入れ、弱火にして8~10分加熱し、火を止めて10分ほど蒸らします。

9

8の粗熱を取り、冷蔵庫でしっかりと冷やします。好みで、ミント、ピンクペッパーをトッピングして仕上げます。

コツ・ポイント

カラメルソースは苦めがおすすめですが、お好みで加減して下さい。プリン液を裏ごしすると、より滑らかな仕上がりになります。ココットの大きさや、火加減により、加熱時間は異なります。竹串をさし、にごった液がで出てこなければ蒸し上がっています。

このレシピの生い立ち

数年前の野菜ソムリエレシピコンテストでグランプリを獲得したレシピをリメイクしてみました。「万願寺甘とう」は、香り豊かで辛みのない万願寺とうがらし。スイーツにも、安心して使うことができます。野菜ソムリエプロ <民野摂子>考案。
レシピID : 5142101 公開日 : 18/07/25 更新日 : 18/07/25

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」