お年寄りの食卓に♪筍ご飯

お年寄りの食卓に♪筍ご飯
五回にわたり、ヘルパーさんの料理講習会のお手伝いをすることになりました。今日はその一回目。限られた時間で手早く、美味しく、食べやすくが大きなポイントです。筍御飯は、堀りたて、ゆでたての筍の良さが勝負です。今日のたけのこは、会員さんの竹藪産で良品でした。

材料 (5人分)

3カップ
3.5カップ
小さじ1
200g
油揚げ
3枚
絹さや
50g
筍を下煮する分として
大さじ3
醤油
大さじ1
大さじ1
大さじ1

1

筍・油揚げは、小口切りで、だし大さじ3,醤油、みりん、酒各大さじ1で煮る。

2

米は、だし、塩、煮た具を入れて炊く。

3

きぬさやは、塩ゆでして千切りにして御飯の上に飾る。
木の芽は、手のひらで1度たたいて香りを出し添える。

4

★一口メモ★今日は、炊き込まずに煮付けた具を炊きあがった御飯に後から混ぜました。
この方が短時間に作れます。
混ぜ御飯の具は、冷凍保存しておくと便利です。ただし、筍は腐りやすいので新鮮なものを選びましょう♪

5

★一口メモ★きぬさやなども1袋買うと多く余ってしまいます。筋をとり塩ゆでにしてバットに広げ冷凍します。完全に凍ったらビニール袋に入れて冷凍保存します。1さやずつバラバラになっているので少量ずつ使いやすいです。

6

★一口メモ★お年寄りは柔らかめの御飯を好まれる方が多いです。しかし、お寿司・赤飯・混ぜ御飯などは、固めがいいとおっしゃるかたも多いはず。ご希望に沿ったものを提供したいものです。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

レシピID : 51454 公開日 : 02/04/30 更新日 : 02/04/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」