おうちで押し寿司☆富山鱒の寿司(サーモン

おうちで押し寿司☆富山鱒の寿司(サーモンの画像

Description

富山の郷土料理「ますの寿司」を手に入りやすいサーモンの柵で押し寿司を作りましょう!おうちにあるタッパーで作ります!

材料 (2〜3人分)

サーモン柵
1柵
適量
2合
すし酢(寿司飯用)
お米の量に準じる
5cmくらい
すし酢(酢締め用)
70cc
らっきょう酢(酢締め用)
30cc
醸造酢(普通のお酢)
適量(洗い用)
笹の葉(あれば)
2〜3枚

作り方

  1. 1

    写真

    酢飯を炊きます。洗米し、普通炊きよりも水分少なめで、だし昆布を入れて炊きます。

  2. 2

    写真

    サーモンとバット、塩を用意し、バットに満遍なく塩を振ってサーモンを真ん中に置きます。

  3. 3

    写真

    上からも満遍なく塩を振ります。側面も忘れずに。塩だらけになったらラップをして冷蔵庫で1〜2時間ほど塩じめします。

  4. 4

    写真

    酢じめ用のお酢を作っておきます。すし酢とらっきょう酢とだし昆布をボウルに入れて冷やしておきます。

  5. 5

    炊飯できたら、熱いうちにすし酢を入れて切るように混ぜます。混ざったら、冷まします。(混ぜながら扇ぐと粘りが出ちゃいます)

  6. 6

    写真

    柵の塩をお酢で洗い流します。流しかけても、つけて洗っても。キッチンペーパーで水気を拭き取ります。

  7. 7

    写真

    柵の両端に割り箸を挟んで3〜4等分にスライスします。包丁は小刻みに動かすと身が崩れるので、大きめに動かして切ります。

  8. 8

    写真

    割り箸を使うと、だいたい厚さはこのくらいになります。厚みはお好みですが、ちょっとくらい穴が開いても大丈夫!

  9. 9

    写真

    スライスした時に、小骨が残っていることがあるので、見つけたら抜いてください。

  10. 10

    写真

    スライスした切り身をバットに並べ、酢じめ用のお酢をかけて酢じめします。

  11. 11

    写真

    キッチンペーパー&ラップをかけて、30分〜1時間程冷蔵庫に置きます。厚みやお好みによって時間を変えても大丈夫です。

  12. 12

    写真

    同じ大きさのタッパーを用意します。重ねられるタイプなら底に多少凹凸があっても大丈夫です。

  13. 13

    写真

    または、蓋が重ねられるお弁当箱やパウンド型でも大丈夫。牛乳パックだとしっかり押さえられないので、固い容器を使います。

  14. 14

    写真

    笹がある場合は水で洗ってから水気を拭き取り、キッチンペーパーにお酢を湿らしてさっと拭きます。

  15. 15

    タッパーに笹を並べ、酢じめした切り身をキッチンペーパーで水気を拭き取り並べます。形に合わせて適宜切って並べます。

  16. 16

    写真

    笹がない場合はラップを大きめにかけて、その上に酢じめした切り身を隙間なく並べます。身が余るくらいに並べた方がよいです。

  17. 17

    写真

    その上に冷めた寿司飯を詰めていきます。だいたい2〜2.5cmくらい手で押さえながらギュッと詰めます。

  18. 18

    写真

    ご飯の上にラップをかけます。ラップだけの方はご飯をラップで包みます。

  19. 19

    写真

    同じ形のタッパーで押します。蓋が重なるタイプのお弁当箱でも角をずらせば押すことができます。

  20. 20

    写真

    特に、隅の方は指でギュッと押さえます。ここでしっかり押さえないと切った時に崩れやすくなってしまいます。

  21. 21

    写真

    押し寿司、タッパーなどを重ねて重しを乗せて置いておきます。夏場は涼しい場所で。20分程押せば大丈夫です。

  22. 22

    写真

    食べる前にタッパーから取り出します。ラップがしてあるので簡単に取れます。

  23. 23

    写真

    ラップの上から水で濡らした包丁でそのまま切ります。切るたびに包丁についたご飯を拭き取り、切ります。

  24. 24

    写真

    笹の葉で包んだものは笹ごと切ります。こちらも同じく包丁を毎回抜き取って濡らしてから。

  25. 25

    写真

    切り方は自由、あまり小さすぎないようにして盛り付けて出来上がり♡

  26. 26

    写真

    我が家流は魚の部分だけ先に切り、酢飯は後で一気に切ります。塩締めは1時間、酢締めは45分。らっきょう酢がいい仕事します♡

コツ・ポイント

鱒が手に入れにくいので、お刺身用のサーモントラウトorアトランティックサーモンを使っています。なるべく断面が四角いもの(背身)を選ぶと切りやすいです。当日中に食べてください。
魚の厚み、塩じめ、酢締めの時間はお好みで調整してください。

このレシピの生い立ち

押し寿司が食べたいとリクエストをいただき、富山の母親に聞きながら作ってみました。締める時間を変えると脂ののったお刺身を食べているような食感で、とても美味しくいただけます♡
家庭ならではの作り方で、手軽に鱒の寿司が楽しめますよ!
レシピID : 5151253 公開日 : 18/07/26 更新日 : 19/01/12

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

11 (9人)
写真
KAORULALA
とても美味しくいただきました。ごちそうさまでした🍣
写真
tamakisara
思ったより難しくなく、買うと高くつく鱒寿司が手軽に大量に出来て良かったです( ◜ᴗ◝)
写真
ちょこん太
コストコサーモンで♪ 美味しいレシピ感謝です!
写真
あっこおばけ
フィンランド在住です!フィンランドのサーモンで作りました。合わせ酢は自分で。ケーキ型で丸い寿司ができました。