寒い日には☆★クロワッサン☆★

寒い日には☆★クロワッサン☆★
折込バターの扱いは、気温が左右するので、寒い日がお薦めです。キッチンも冷たいので溶け出すことがなくて ◎。。。久しぶりに焼いてみました。。。サックサクのパリパリ♪クロワッサンです✿
お好みでメープルシロップをつけてどうぞ❤

材料 (21個分)

■薄力粉
150g
■ドライイースト
6g
■塩
9g
■砂糖
14g
■バター
14g
■ぬるま湯
270cc
折込用バター
180g
溶き卵(仕上げ用)
適量

1

折込バターを用意する。分量のバターをビニール袋かクッキングペーパーで包んで薄く伸ばす。
180gを3回に分けて伸ばすので、60gずつシート状にする。

2

だいたいA5程度にして、表面に両面薄く薄力粉を振っておく。ビニール袋がクッキングペーパーに包んで冷凍庫で充分冷やす。

3

HBに■を入れて、一次発酵までお任せ。

4

③の生地をガス抜きして、少しこねたら3等分する。 2つ分はバットなどにいれてラップをかけて、冷蔵庫へ。

5

写真

マット(麺台)にかるく強力粉を振って、一つ分を麺棒で伸ばす。
折込バターの大きさに合わせて、A5×1.5の一回り大きいくらいに伸ばす。

6

写真

折込バターを下側に置く。
バターが生地から出ると、折込みが出来なくなるので、必ず生地の方が大きく、ふちからバターが出ないようにする。

7

写真

上のバターがない部分の生地を下へ折る。
下の生地を上へ折る。

8

写真

下半分を上側へかぶせるように重ねる。

9

写真

⑧を90℃回転させて閉じ目が右に来ている。
閉じ目をしっかり手でおさえて、密着させる。

10

写真

麺棒で伸ばす。なるべく厚さが均一になるように。伸びたらまた、たたむ。

11

写真

今度はバターが無いので、単純に三つ折する。

12

写真

⑩の生地を三つ折して、90℃回転させたところ。

13

写真

また伸ばす。

14

写真

またたたむ。

15

写真

この状態で折込の状態が3×3×3で27層に、なっている。

16

写真

ラップにくるんで冷蔵庫で休ませる。
30分から1時間。
夏季は長めに、2~3時間おくと良い。

17

写真

冷えた生地を出して麺棒で伸ばす。

18

写真

生地をカットする。
二等辺三角形が7つ出来る。
底辺の中央に1cmほどの切り込みを入れる。

19

写真

写真は片手ですが、巻くときは両手でつまんで左右に広げて引っ張るようにして巻く。

20

写真

ぐるぐるっと回転させて

21

写真

巻き終わりを下にして、そのまま二次発酵させる。
表面が乾燥するので、ラップをかけて室温で発酵。
室温の低い冬場は1時間以上おいた方が良い。
目安は2倍になるほど。

22

写真

刷毛でドリール(溶き卵)を塗る。丁寧に、2回ほど重ねて塗ると良い。
膨らみに影響がでるので出来れば、断面には卵がかからないないように。

23

写真

200℃のオーブンで20~24分焼く。
(ご家庭のオーブンで調節が必要なので、まずは18分で様子を見てください)

24

今使ってるデジカメはまだ使いこなせてなくて、色が思ったように撮れません。
違う設定で撮ると次のようになりました。

25

写真

シロップを塗ると甘くて艶があって美味しいのですが、皮のパリパリ感がなくなるので、塗らずに食べる時につけれるようにすると良い。

コツ・ポイント

バターを折り込むことで、層を作るのでバターの折込具合で味が決まる。生地が破れたり、バターが溶け出すと失敗するので注意する。少しの破れなら、強力粉を振って馴染ませてカバーすると大丈夫だし、温度が高くなって、バターが溶けだせば、そこで止めて冷蔵庫で冷やしてから、続きをすればよい。
折込のバターについて・・・基本、無塩バターがいいです。が、有塩でも可能。その分生地の塩は2gまで減らして捏ねると良い。

このレシピの生い立ち

パン初心者の頃、本 「竹野豊子さんの手づくりのパン」を見て、クロワッサン作りの挑戦をしました。わりと、わかり易い解説でしたが、?もありました。
今は手捏ねでなくて、HBを使っていますので、そのレシピと自分のやり方でこのレシピになりました。。。
レシピID : 515788 公開日 : 08/02/26 更新日 : 08/11/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

09/03/22

First tsukurepo mark
写真

ヘヘ♥久々にパン焼いて手土産にしたら喜ばれたよ(´ー`)美味し♥

みゆとひまわりママ

すんごい感激だよ~❤手土産私も欲しいな^^れぽありがとう~♡