ツナ缶でつくね風

ツナ缶でつくね風

Description

ツナ缶で簡単につくねを作りました。
焼くパターンと茹でるパターンで試してみてください。
ポリ袋を活用して洗い物も最小限!

材料 (2〜3人分)

ツナ缶
3缶(70g×3)
玉ねぎ
4分の1個
卵(Mサイズ)
2分の1個
白ごま
小さじ1
大さじ3
塩こしょう
適量

作り方

1

写真

ツナ缶は油をよく切っておく。
玉ねぎはみじん切り、卵は溶いておく。

2

写真

片栗粉はだまになりやすいので、先にポリ袋のなかで玉ねぎと馴染ませておく。

3

写真

その他の材料をすべて入れたら、よく揉んで混ぜ合わせる。

4

写真

焼く場合は、フライパンにクッキングシートをひいて、食べやすい形で広げる。焼きめがついたら裏返して完成。

5

写真

茹でる場合は、ポリ袋の中で細長く成形し、しっかりと口を閉じる。
沸騰した鍋に入れて、5分ほど茹でる。

6

写真

鍋から取り出したら、ハサミで袋を切り、好きな大きさに切り分けて完成。

コツ・ポイント

茹でるタイプはもちっとした食感になります。
缶詰のコーンをいれてもおいしいです。

このレシピの生い立ち

災害時に簡単にできるおかずを作りたいと思いました。日持ちする材料をメインに選びました。
レシピID : 5166456 公開日 : 18/07/16 更新日 : 18/07/16

このレシピの作者

災害時に役立つ、簡単で美味しいメニューとテクニックを紹介します!
水や電気・ガスなどのライフラインがストップしてしまう大地震などの災害時。
「簡単で美味しく、普段食べ慣れたもの」「水と火力をセーブ」「飽きないようにバリエーションを」「冷蔵庫の腐りやすい生鮮食料品から使用」などをコンセプトに非常時のメニューを作ってみました。
「備えあれば憂いなし」災害時に備え、一度試してみませんか!

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」