【野菜ソムリエ】ずいきの下処理

【野菜ソムリエ】ずいきの下処理
野菜ソムリエ考案レシピ。里芋の茎のずいきは、灰汁が強いので調理前の下処理が必要です。

材料

ずいき
適量
適量

1

ずいきは鍋に入るサイズに切り分けます。

2

ずいきの薄皮を包丁を使ってむきます。

3

写真

2を酢水を張ったボールに入れて30分ほどおきます。

4

写真

鍋に酢水を入れて沸かし、ずいきを入れて2分ほど弱火で茹でます

5

写真

茹で上がったずいきを、流水で15分ほどさらします

6

ずいきを絞り、水分を抜きます。

コツ・ポイント

薄皮を剥く時に手が黒くなってしまうので、気になる方は手袋をすると良いです。茹で時間はその後の調理に合わせて調整すると良いでしょう(1~4分)。

このレシピの生い立ち

ずいきは、秋冬野菜の里芋の茎で、夏場~出回ります。比較的幅広く料理に使えますが、調理前の下処理はどのレシピにも共通に必要なのでアップしました。野菜ソムリエプロ<工藤豊>考案。


レシピID : 5172806 公開日 : 18/08/08 更新日 : 18/08/08

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」