きんぐの大社焼きそば風、ソースは後掛け

きんぐの大社焼きそば風、ソースは後掛け

Description

出雲市のB級グルメ、大社焼きそば。
シコシコ麺にほんのり塩焼きそばに後掛けのソースがうまい。
美味しかったんで家で再現。

材料 (3人分)

焼きそば蒸し麺
3
ガラスープの素
小匙4
塩胡椒
少々
ラード
適量
豚モモブロック
100g
玉ねぎ
1/2個
1/2束
蒲鉾
1/2本
ニンジン
1/2本

作り方

1

写真

かまぼこは3mm程度のスライスで銀杏切り

2

写真

玉ねぎは2cm幅であつめの串切り

3

写真

青ネギは4~5cmの筒切り

4

写真

豚バラブロックは5mm程度にスライスして小さめの短冊切り

5

写真

蒸し麺をレンジで温める

6

写真

顆粒鶏ガラスープ大匙1を水大さじ2で解く

7

写真

弱火で熱したフライパンにラード10g程度を敷き、麺を入れてガラスープを振りかけ、軽く塩コショウする

8

写真

麺をほぐしながらスープをまんべんなく麺に絡ます

9

写真

しばらく放置して片面に軽く焼き目が付いたら麺をひっくり返し弱火で放置
ここからもうひとつのフライパンで肉を炒めにかかる。

10

写真

フライパンにラードを敷き、強火で豚肉を炒める

11

写真

玉ねぎ、青ネギの根本部分、ニンジンを入れて炒める。
今回はニンジン無し。

12

写真

かまぼこを入れてガラスープ小匙1と塩コショウ適量を振りサット炒める

13

写真

弱火にして麺を投入

14

写真

青ネギを入れて麺と具材を絡める

15

写真

青ネギがしんなりしたら完成

16

写真

皿に盛り付けて最初は塩焼きそばで食べる。

17

写真

次はウスターソースを掛けて食べる

18

写真

本物、きんぐの大社焼きそば
大盛りと特大

コツ・ポイント

塩コショウ少なめで薄味の方がソースが際立ちます。
必ず蒸し麺を使う
麺はじっくり焼いて水分を飛ばしてシコシコの麺に

蒲鉾のシコシコした食感と塩分が絶妙です

このレシピの生い立ち

出雲市のきんぐで名物の大社焼きそばを食べてみたら美味しかったんで再現
レシピID : 5186597 公開日 : 18/07/29 更新日 : 19/07/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」