さんまの姿寿司

さんまの姿寿司
さんまの背開きの説明付きです♪

材料 (2本分)

さんま(刺身用)
2尾
大匙2杯
1/8カップ
酢飯
1合
わさび、大葉
各適宜

1

写真

濡らしたまな板の上に新聞紙を敷き、サンマの頭を切り落としたら、左手で腹を押すと、写真のように切り口から内臓が出てくる。

2

写真

内臓に包丁の刃をあてて押さえるようにしながら、左手でサンマを、ゆっくりと左に引っ張る。

3

写真

すると内臓がきれいに取り出せる。

4

写真

尾を左、腹を向こうに置きなおし、骨の上に包丁を差し込み、首から尾に向けておろす。

5

写真

こんな感じに開けます。

6

写真

骨の下に包丁を差し込み、骨をはずす。尾まで行ったら、尾と骨を包丁で切り離す。

7

写真

身を水洗いして血合いを落とし、塩で15分〆る。その後塩を水で洗い流し、軽く水気を拭き取ってから、酢で15分〆る。

8

写真

その間に酢飯の用意。当方はいつもコレです。「タマノイすしのこ」子供の頃からの懐かしい味です。

9

写真

すのこの上にラップを敷き、その上に酢飯を乗せる。

10

写真

軽く握って、酢飯の上にワサビを乗せる。これで酢飯のスタンバイOK!

11

写真

サンマを酢から取り出し、首から尾に向けて皮をむく。手で簡単にむくことが出来ます。

12

写真

固い腹ヒレや、あばら骨が残っていたら手ではずす。

13

写真

酢飯にサンマを乗せてギュっと巻く。

14

写真

こんな感じになりました。

15

写真

ラップを巻いたままの状態で切ると、きれいに切れます。

16

写真

切り終わってからラップをはずし、出来上がり。

17

写真

※切り口はこんな感じです。

18

写真

※一切れずつ大葉に巻いてからラップで包み、翌日のハイキングでおにぎり代わりに頂きました。(^0^)

コツ・ポイント

新鮮な生が手に入れば最高ですが、解凍物でも状況が良ければ使えます。さんまの〆具合はお好みで変えてください。

このレシピの生い立ち

約20年前、伊豆急下田駅前の食堂で見てビックリ食べてビックリ。見よう見まねで作り続けています。何故背開きなんでしょうね?
レシピID : 518750 公開日 : 08/03/10 更新日 : 08/03/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

13 (4人)

16/12/07

写真

遅くなりました。秋の訪れを告げる我が家の定番になっています。

Jock

もはやプロ♪秋を告げる定番にして頂き感激♡有難うございます♡

14/10/19

写真

岡山から寿司用の新米が届いたので堪らずに作りました。シアワセ!

Jock

Jockさんからレポを頂いて私もシアワセ♡ありがとう!^^

14/09/01

写真

やって来ましたこの季節!お客様まで大絶賛。腹一杯食べたい一品。

Jock

友の便りに季節を知る、しみじみ嬉しいレポ感謝(*^-^*)

13/11/06

写真

プリプリの大ぶりを見つけてお弁当に。姿寿司 中ほどは妻 我は端。

Jock

蓋をあけた瞬間の奥様の表情、見てみたい♪いいな愛夫弁当♡^^