【伝統野菜】八列とうもろこしクッキー

【伝統野菜】八列とうもろこしクッキー
北海道の伝統野菜のひとつ、八列とうもろこしを使った北海道を丸ごと味わえるクッキーです。(農林水産省)

材料 (各味20枚分)

プレーン味
無塩バター
40g
てんさい糖
25g
1g
八列とうもろこしコーンミール
25g
八列とうもろこしコーングリッツ
25g
薄力粉
50g
牛乳
35g
ミルクジャム味
無塩バター
30g
ミルクジャム
45g
1g
八列とうもろこしコーンミール
50g
薄力粉
50g

1

<準備>

2

無塩バターを室温に戻しておく。
オーブンを160度に予熱しておく。

3

<プレーン味>

4

無塩バターをボールに入れ、泡立て器でクリーム状にする。

5

4にてんさい糖と塩を加えて、よく混ぜる。

6

5に八列とうもろこしコーンミール、八列とうもろこしコーングリッツ、薄力粉を入れ、ヘラでさっくり混ぜる

7

粉気がなくなったら、牛乳を回し入れてさっくり混ぜる

8

生地をひとまとまりにして、直径2~3㎝くらいの棒状にし、20等分にして丸く成形する。

9

<ミルクジャム味>

10

無塩バターをボールに入れ、泡立て器でクリーム状にする。

11

10にミルクジャムと塩を加えて、よく混ぜる。

12

11に八列とうもろこしコーンミール、薄力粉を入れ、ヘラでさっくり混ぜる

13

生地をひとまとまりにして、直径2~3㎝くらいの棒状にし、20等分にして丸く成形する。

14

※お好みでミルクジャムを減らし、生地の硬さを牛乳(分量外)で調整してもよい。

15

<焼く>

16

オーブンシートを敷いた天板に並べ、2で予熱したオーブンで20分焼く。

17

※八列とうもろこしコーンミール、八列とうもろこしコーングリッツは、別のとうもろこし粉でも代用できる。

18

※てんさい糖は、上白糖やグラニュー糖でも代用できる。

コツ・ポイント

八列とうもろこしは、明治25年頃から札幌大通公園で焼きとうきびとして使われ、名物となりました。近年は甘いスイートコーンが主流ですが、炭火で焼いたそのおいしさを、石川啄木も歌に詠んでいます。今では「幻のとうもろこし」と呼ばれています。

このレシピの生い立ち

札幌保健医療大学栄養学科の皆さんが考案しました。
北海道農政事務所では、北海道の伝統野菜を紹介しています。http://www.maff.go.jp/hokkaido/suishin/shokuiku/hokkaido_ryori.html
レシピID : 5198849 公開日 : 18/08/29 更新日 : 18/09/11

このレシピの作者

農林水産省では、食料の安定供給、農山漁村や食品産業の振興など、多岐にわたる業務に取り組んでいます。公式キッチンでは、旬や話題の食材を使用したレシピや地方に伝わる郷土料理などを掲載していきます。皆さまの「食」に関する新たな発見に繋がれば幸いです。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」