ひなまつり寿司

ひなまつり寿司
男雛と女雛のかわいいお寿司です♪

材料 (2人1セット×2)

1合
ミツカンすし酢
大さじ2
●酢飯の具(例)
1切れ(80~100g)
きゅうり
1本
干し椎茸
4枚
・干し椎茸戻し汁
100cc
・砂糖
大さじ1
・醤油
大さじ1
白ごま
適宜
●顔
うずら
4個
黒ごま
8個
のり
衣装で余ったもの
食紅(あれば)
少量
●衣装
1個
のり(全型)
1枚
レモン・菜の花(例)
適宜

1

●下ごしらえ●米を固めに炊き、すし酢を混ぜてすし飯を作る。

2

写真

うずらは固く茹でてつまようじを指しておく。

3

写真

●すし飯の例●干し椎茸は戻しておき、千切り。戻し汁と砂糖、醤油で汁気がなくなるまで煮る。

4

写真

塩鮭はグリルで焼いてほぐしておく。(今回100g使用)。きゅうりは細く千切り塩もみして水分を切っておく。

5

写真

すし飯に椎茸・塩鮭・きゅうり・白ごまを混ぜ、三角おにぎりを4個作る。

6

写真

●衣装●卵に塩を少量入れ、フライパンで薄焼き卵を作る。(少し厚めになってOK)

7

写真

焼けたら半分に切っておく。

8

写真

カーブのところに3カ所くらい切れ目を入れておく。これが女雛の衣装。

9

写真

全形ののりは少しずらして三角におり、切る。はみ出た部分は、髪の毛になるので残しておく。

10

写真

こちらも2辺に数カ所切り込みを入れておく。これが男雛の衣装。

11

写真

●成型●おにぎりのてっぺんにうずらをさす。

12

写真

卵の衣をかぶせる。カーブの部分が裾になります。

13

写真

レモンのスライス半月切り)を卵の重なった部分の上にのせる。※レンコンや、野菜の飾り切りでも可

14

写真

のりを▽の方向に向け、ごはんにかぶせる。

15

写真

のりの重なった部分に湯がいた菜の花を添える。※きゅうりやさやえんどうのスライス等でも可。のりで髪の毛を、黒ごまで目をつけるとできあがり。食紅で口やほっぺを書くとかわいいです♪

16

写真

後ろ向き♪衣装に切り込みを入れると巻きやすくなります♪

17

写真

横向き♪おにぎりは少し大きいかな?くらいが貫禄が出てちょうどいいです♪

18

写真

今回は、半量を男雛と女雛、半量をそぼろ寿司に使っています♪

コツ・ポイント

すし飯例 ・五目ちらし ・しらす+きゅうり ・しらす+梅 ・うなぎ+きゅうり などお好みで作って下さい。欲張って具を多くすると、おにぎりの形にしにくくなるのでご注意を。なるべく具は小さめに切り、水気はしっかりきったほうがいいです。

このレシピの生い立ち

お料理教室でおひな様寿司を作りました。材料を簡略、分量を減らし、アレンジできやすいように作りかえています。
レシピID : 520463 公開日 : 08/03/01 更新日 : 08/03/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

08/03/03

First tsukurepo mark
写真

昨日子供と一緒に作りました。娘だけじゃなく息子も大喜び♪

kero-mama

すごくかわいいくて素敵です!!色とりどりでほんと綺麗!