基本のちらし寿司ご飯

基本のちらし寿司ご飯
我が家の定番のちらし寿司です。
上に豪華に具を乗せてもいいし、薄焼き卵で包めば茶巾寿司にもなります。
お雛様には卵焼きで包んでウズラ卵を頭に見立てて、お雛様とお内裏様に!
いろいろバリエーションができますよ!

材料 (ちらし寿司で4~6人分)

2合
大匙4
昆布
5cm角1枚
干ししいたけ
2枚
高野豆腐
1枚
人参
2cm
ちりめんじゃこ
大匙1
三つ葉、柚子など香りのあるもの
適量
炒りゴマ
大匙1
酒、醤油、味醂、砂糖、塩
下記参照

1

お米は寿司飯用のラインで炊くか、米と同量の水と酒大匙1、昆布を入れて、浸水せずに研いだらすぐに炊きます。
蒸らしたら、すし酢(分量外)で湿らせた飯台にご飯をあけ、すし酢を回しかけ、飯台を回しながら、下からすくうように満遍なく混ぜます。

2

ご飯を炊いている間に具の準備をします。
干ししいたけは砂糖一つまみを加えた水で戻し、絞ってスライスしてから5mm角に切ります。高野豆腐と人参は1mm厚さで2×4mmの大きさにきります。

3

耐熱容器に干ししいたけ、高野豆腐、椎茸の戻し汁をひたひたに加え、酒、みりん、醤油各小さじ2を加えて、ラップなしでレンジ強で2分かけます。様子を見て、水分がほとんどなくなるまでレンジ加熱します。

4

人参も耐熱容器に入れ、塩一つまみ、砂糖一つまみを混ぜて、ラップをして、レンジ強で1分加熱します。
ちりめんジャコはさっと湯通しします。
三つ葉やゆずの皮は細かく刻みます。

5

すし飯が暖かいうちに、2、3、4の全ての具を水分が入らないように加え、ゴマも加えて、全体を混ぜたら出来上がりです。

コツ・ポイント

具は、ほかにも、酢バスや、がりを刻んたものでもおいしいです。
具を小さめに刻んでご飯とのなじみをよくしています。
ちらし寿司にするときは、この上に、錦糸卵やアナゴ、デンブをトッピングしたり、
海苔をのせて、お刺身をのせてもおいしいです。
お稲荷さんの具にもなります。

このレシピの生い立ち

うちでは、運動会のお弁当や、人が集まるときによく作ります。
いろいろ展開できるので、重宝してるので、覚書に。
レシピID : 520677 公開日 : 08/03/01 更新日 : 08/03/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」