*:.。伊予柑シフォンケーキ。.:*

*:.。伊予柑シフォンケーキ。.:*
爽やかな酸味で甘さ控えめ、しっとりフワフワ。紅茶やココアと一緒にどうぞ♪

材料 (直径20cm1台分)

伊予柑
3個
大さじ1
卵(M玉)
8個
薄力粉
160g
100g
キャノーラ油
大さじ5

1

薄力粉はふるっておく。
卵は白身と黄身に分けておく。

2

写真

伊予柑は粗塩(分量外)で皮の表面をよく擦り、香りがしてきたら流水で洗う。
2個をへその中心から4本、ヘタに向かって浅く切り込みを入れて皮を開き、果肉を取り出し、種は除いて細かくほぐす。

3

写真

残りの1個は半分に切って果汁を絞り、レモン果汁と合わせて100ccとする。
皮を1個分だけすりおろす。

4

写真

卵黄に砂糖の半量を加えて白っぽくなるまで泡立て、油も少しずつ加えながら混ぜる。(濡れ布巾等を敷くとよい)

5

写真

伊予柑果汁と皮・果肉も加えて混ぜる。

6

写真

粉を一度に入れ、ボウルの肌をなぞるようにさっくりと、粉っぽさがなくなるまでしっかり混ぜる。

7

写真

卵白を泡立て、角が立ったら、残りの砂糖を2~3回に分けて加えてさらに泡立てる。一度ゆるくなるが、艶が出て逆さにしても落ちないくらい、しっかりしたメレンゲができる。

8

写真

メレンゲの半量を⑥に加えて先程の要領で混ぜ、今度はメレンゲのボウルにこれを加えて、泡をつぶさないよう混ぜ合わせる。

9

写真

メレンゲの塊がなくなったら高い位置から生地を型に流し込み、両手で中心と外側を押さえ持ち、左右にゆすり、2~3回軽く打ち付けて空気を抜く。

10

写真

170℃で10分焼いたら、オーブンを開けて放射状に5ヶ所くらい、濡れたナイフで切り込みを入れる。
扉を閉めて160℃に下げ、30分焼く。竹串を刺してみて、生地が付いてこなければ焼き上がり。

11

←※今回は23cmの型で焼きました。20cmだと、写真の型より盛り上がった状態に焼きあがります。

12

写真

ビールやワインなどの空き瓶を用意し、型を逆さに差し込んで完全に冷ます。

13

【型から外す】
竹串を中心の筒に添わせたまま、上下にゆっくり動かしながらぐるりと円を書く。パレットナイフに持ち替え、型と生地の間に差し込む。しなるくらいに型に押し付けながら上下に動かし、もう一方の手でぐるりと型を一周させる。

14

写真

型を伏せ、側をそっと外す。
底部にナイフを入れ、もう一方の手でケーキをゆっくり回転させて型から外す。

コツ・ポイント

果肉をほぐす時は 包丁よりも手でほぐすほうが 砂のう(果汁を包んでいる皮)が潰れません。卵を入れるのに使うボウルは油、水気の無い乾いた大きめのものを用意する。 型に油は敷かない。

このレシピの生い立ち

伊予柑を沢山、頂いたので。
レシピID : 520769 公開日 : 08/03/02 更新日 : 08/03/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

16/02/27

写真

これまでのレシピをはるかに上回りました!ふわふわプチプチ♫

ぱぺお

焼き色がきれいです!つくってくださりありがとうございます

13/04/03

First tsukurepo mark
写真

大変~って思ったけど食べたい気持ちが勝ちました☆美味しさに感激✿

FUKINO

焼色が綺麗!柑橘類とシフォンは相性抜群!作って下さり感謝です

Profile マルチャンゴーママ 2014年01月23日 14:35
何気なく買った伊予柑があまりにも酸っぱくて"(-""-)"
伊予柑が美味しく食べれそうなので早速作ってみますね☆
yamako 2014年05月10日 13:28
返信が遅くなってすみませんm(_)m
酸っぱすぎてついつい放置してしまう果物ってありますよね。
お気に召していただけたら嬉しいです。