♪刺身の盛り合わせで手まり寿司♪

♪刺身の盛り合わせで手まり寿司♪
ひな祭りのお祝いに、手まり寿司を作りました。
刺身の盛り合わせと桜でんぶ、卵で色とりどりにしてみました。

材料 (2セット分)

▲ごはん
2合
▲昆布
3センチ
▲酒
大さじ1
30cc
砂糖
大さじ1
小さじ1
●卵
1個
小さじ2
●塩
少々
少々
■桜でんぶ
50g
■いんげん(冷凍)
2本
☆ほたて(刺身用)
1個
☆パプリカ
少々
□まぐろ(刺身用)
2切れ
□わさび
少々
△サーモン(刺身用)
2切れ
△マヨネーズ
少々
★はまち(刺身用)
2切れ
★ブロッコリースプラウト
少々
◎鯛(刺身用)
2切れ
◎枝豆(冷凍)
2粒
しそ
4枚
菜の花塩茹で
少々

1

寿司飯を作って冷ましておく。
寿司飯はごはん2合分をとぎ、▲印の昆布、酒を合わせて2合分にした水で固めの設定で炊く。
炊き上がったらごはんの熱いうちに合わせ酢(酢、砂糖、塩)を混ぜ、しっかり冷ましておく。

2

●印の卵を溶きほぐし、●印の調味料を入れ、●印の油でいり卵にして冷ましておく。
■印のいんげんは塩茹でして冷まして、小口切りにして、桜でんぶと混ぜておく。

3

刺身類は1切れを薄いそぎ切りにして、2等分する。
ほたては横半分に切る。
◎印の枝豆はいんげんと一緒に茹でてしまうと楽。
菜の花はあくが強く出るので、別茹でが良い。

4

1のごはんを小さなボール状にラップで12個作る。
残りのごはんには■印の桜でんぶといんげんを混ぜ、ピンク色のごはんにしてから、ラップで小さなボール状にする。
いり卵はボール状のごはんの周りにラップを使って全体に付けていく。

5

刺身をのせたものは上にそれぞれの飾りや調味料、スパイス、薬味をのせていく。
しそを敷いた上に手まり寿司を置いたり、茹でた菜の花を飾ったりして楽しんでみてください。

コツ・ポイント

刺身の盛り合わせは5点盛のものを使いました。
エビや蛸、イカなどでもおいしくできると思います。
子供用にネタにわさびを付けていませんが、オススメは刺身の下にはわさびを付けたほうが殺菌効果もあっていいと思います。
小さいお子様には桜でんぶと卵の手まり寿司が食べやすいと思います。

このレシピの生い立ち

おひな祭り用に。。。
レシピID : 521928 公開日 : 08/03/03 更新日 : 08/03/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」