京 夏ずきんとトマトのサラダスパゲティ

京 夏ずきんとトマトのサラダスパゲティ
野菜ソムリエ考案レシピ。期間限定でしか味わえないホクホクした京 夏ずきんを冷たいトマトソースでいただきます。

材料 (5人分)

京 夏ずきん
1袋
適量
サラダ用スパゲティ
300g
適量
<トマトソース>
・トマト(完熟したもの)
6個
1本
大さじ5
・塩・コショウ
各少々

1

京 夏ずきんは好みの固さに茹で、さやから実を取り出します。

2

京 夏ずきんのゆで方はコチラ↓
https://cookpad.com/recipe/3254473

3

<トマトソースを作ります>
ニンニクは皮をむき包丁の平で潰し、鷹の爪は種を取り除きます。

4

フライパンに太白ごま油と3を入れて火をつけ、弱火で味と香りを出します。

5

トマトを湯剥きし、ざく切りにして加え、半量ほどになるまで潰しながら煮詰めます。

6

5のニンニクと鷹の爪を取り出し、1と塩・コショウを加えて混ぜ合わせ、ボウルに移します。

7

氷水を張ったボウルに6の底を当て、ソースを冷やします。

8

1%の塩を加えた熱湯でサラダ用スパゲティを茹でて冷水に取り、しっかりと水気を切ります。

9

水気を切ったスパゲッティを7に入れ混ぜ合わせ、器に盛ります。

コツ・ポイント

京 夏ずきんを茹で実を取り出すまでの間に、トマトソースを煮詰めるのがポイントです。市販のトマトソースを使う場合は、味付けを控えめにするとよいでしょう。手順4では焦がさないようにします。

このレシピの生い立ち

丹波黒大豆から生まれた夏の枝豆で、期間限定でしか味わうことができない”京 夏ずきん”。冷たいトマトソースとの相性もぴったりです。紫ずきんでも美味しいですよ。野菜ソムリエプロ<澤井真佐代>考案レシピ。
レシピID : 5220702 公開日 : 18/09/04 更新日 : 18/09/04

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」