紫ずきんの和洋オツまみ

紫ずきんの和洋オツまみ
野菜ソムリエ考案レシピ。ピリッと辛みをきかせてお酒が進む! 和風洋風の「オツにつまめる」おつまみ。

材料 (4人分)

紫ずきん
2袋(400g)
<和風>
100ml
小さじ1
粉わさび
小さじ2
小さじ1/2
<洋風>
小さじ2
タカノツメ
1/2本
アンチョビフィレ
2枚

1

紫ずきんは両端をハサミで切り落とし、30秒ほど塩もみ(塩は分量外)します。

2

水1リットルに1を入れ強火にかけ沸騰後、中火で3分茹でます。茹で上がればザルに取り半量を冷まします(A)。

3

チャック付き保存袋に水100ml・白だし・塩・少量の水で練ったわさびを入れ、(A)を入れてもみます。

4

チャック付き保存袋の口を閉じ、冷蔵庫で2時間以上置きます。

5

タカノツメは種をとり、アンチョビはほぐします。

6

フライパンにオリーブ油とタカノツメを入れて火にかけます。残りの紫ずきんとアンチョビを入れて炒めます。

7

6のサヤの表面にうっすら焦げ目がつくまで炒め、皿に盛ります。4を袋から出し、水気をきって盛り合わせます。

コツ・ポイント

和風は必ず紫ずきんを冷ましてから調味液に浸けないと、わさびの辛みが飛びます(わさびの量はお好みで増減を)。洋風はニンニクや黒コショウをプラスしても美味でアンチョビはペースト小さじ1に代えてもかまいません。味が薄いときは塩を足して。

このレシピの生い立ち

和洋(冷温)2種を盛り合わせましたが、どちらか1種だけでもかまいません。塩茹でだけで十分おいしい紫ずきんですが、たまには目先の変わったものも良いなぁということでアレンジ。野菜ソムリエプロ<川添智未>考案レシピ。
レシピID : 5220790 公開日 : 18/09/13 更新日 : 18/09/13

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」