冬瓜のエビそぼろあん

冬瓜のエビそぼろあん
野菜ソムリエ考案レシピ。冬瓜の定番のお料理です。冬瓜の基本的な下処理方法も、ついでに覚えられますよ!!

材料 (4人分)

冬瓜
700g
(A)
300ml
大さじ1・1/2
エビ(小)
4尾
枝豆
10莢
適量
適量
適量
水溶き片栗粉
適量

1

冬瓜は種とワタを取って4~5㎝角に切ります。

2

写真

皮を薄くむいて面取りをし、皮目に格子目に細かく切り込みを入れ、塩をすり込みます。

3

2を熱湯で茹で、冷水に取ります。

4

(A)を煮たてて3を入れ、オーブンシートかアルミ箔の落し蓋をして5分程度煮、そのまま冷まします。

5

エビは背ワタを取って殻をむき、塩、酒を振ってもみ、水洗いをします。粗く刻んで鍋に入れ酒をふって乾炒りします

6

枝豆は茹でて莢から取り出します。

7

4を温め直して冬瓜を器に盛り、煮汁に5のエビと6の枝豆を入れて煮立て、水溶き片栗粉でとろみを付けます。

8

冬瓜に7のエビあんをかけ、せん切りにした生姜を添えます。

コツ・ポイント

冬瓜の皮は、緑の色を活かすために薄くむきましょう。皮目に格子目に切り込みを入れることで、火の通りと味のしみ込みが良くなります。煮汁に漬けたまま冷やすことで、味が中までしみ込みます。夏は冷たく冷やして食べても美味しいです。

このレシピの生い立ち

冬瓜定番の煮物です。あっさりとした味わいの冬瓜にエビや鶏ミンチのあんをかけると、味がしまります。冬瓜は夏の野菜ですが切らずに保管すると冬までもつので、”冬の瓜”の名前がついているとのことです。野菜ソムリエ<鳥越よし子>考案レシピ
レシピID : 5220825 公開日 : 18/09/28 更新日 : 18/09/28

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」