正統派「なら漬」を仕込む!

正統派「なら漬」を仕込む!
昨年、はやと瓜1個で試験的に漬けた奈良漬・・・
奥の深さにチャレンジ魂に火が付き、今年は良い材料で真面目に仕込みました。

材料 (10人分?)

白瓜
約5キロ
醸造酒粕(良いモノを)
約8キロ
300グラム程度

1

写真

白瓜を洗って水けをふき取ります。

2

写真

半割にして種の部分を丁寧に取り、水けをふき取り塩をまぶします。
種を取った部分が埋まるぐらい塩をしてください。

3

写真

シッカリ塩をしないと水が上がりません。
重石は概ね材料の倍。
今回は重石が足りないのでボトルも追加(爆)

4

写真

3日ほどしたらこんな感じになります^^

5

写真

絶対水洗いせず、タオル等でふき取り1日ほど陰干しします。

6

写真

今回は奈良漬用に酒蔵が仕込んだ酒粕を使いましたが、酒粕(6~7月頃の)とザラメを容器で混ぜて、本みりんで緩さを調整。

7

漬物用の袋に酒粕を敷き、皮を上にして並べては酒粕を敷き、を繰り返し、最後に空気をシッカリ抜いて口を縛ります。

8

美味しく食べようと思えば1年の辛抱です(笑)

コツ・ポイント

1)種の部分の柔らかい所はシッカリ子下げて取り除きます。
2)最初の水揚げで漬ける時は、皮目が下向き。
3)本漬けの時は皮目が上向き。
4)どの工程でも水洗いなどは絶対にしない。
5)奈良漬には少し若い、緑がかった頃のが向いてます。

このレシピの生い立ち

昨年頂いた、超高級奈良漬の美味さに刺激を受けて、まずは1本から練習。
そして、今年本格的に仕込んでみました(笑)
半年ぐらいで食べれるけど、まずは1年辛抱してします。
1年後に酒粕変えて再仕込すると良いそうだけど、2年生きてる保証は無い(爆
レシピID : 5221568 公開日 : 18/08/25 更新日 : 18/08/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」