永谷園のお茶漬けでとんかつ茶漬け

永谷園のお茶漬けでとんかつ茶漬け
とんかつがあまった翌日に。とんかつの風味で、調味料はしょうゆだけでも充分良い味になりますよ。我が家では定番になりました。

材料 (1人分)

永谷園のお茶漬けのもと
1袋
とんかつ
普通サイズの半分
キャベツ
とんかつと同量
しょうゆ
小さじ2分の1

1

とんかつ(前日に残ったもの)を1cm幅で切る。キャベツも1cm幅でとんかつとほぼ同量(キャベツが好きな方はお好きなだけ。)

2

フライパンに少量の油を入れキャベツを中火で炒める。キャベツがしんなりしてきたらとんかつを入れ、とんかつが温まったらしょうゆを入れる。しょうゆを入れる直前に強火にしてしょうゆを焦がすようにすると良い。

3

大き目のお茶碗に入れた熱いご飯の上に、炒めたキャベツととんかつと永谷園のお茶漬けの元を入れる。熱い緑茶(またはお湯)をかけて召し上がれ。

コツ・ポイント

残り物のとんかつにひと手間かけて、美味しいお茶漬けの出来上がりです。しょうゆを香ばしく焦がすのがコツ。永谷園のお茶漬けのもとの塩味が丁度良くてサラッと食べられちゃいます。とんかつとキャベツのコンビが絶妙です。忙しい時の一人ランチに最適。

このレシピの生い立ち

とんかつが残った翌日のランチに冷蔵庫にあったキャベツと炒め物を作ったのですが、外が寒かったのと、昼食後にすぐ出かける用事があったので簡単にサラッと食べられるように考えました。キャベツの甘みとしょうゆの香ばしさ。癖になりますよ。
レシピID : 522725 公開日 : 08/03/04 更新日 : 08/03/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」