お茶と昆布の佃煮

お茶と昆布の佃煮
お茶や昆布だしは美味しいですが、その後の出し殻も一工夫で美味しく大変身!

材料 (小型ジャム瓶3~4ヶ)

昆布(出し殻)
200g
茶殻
110g
醤油、酒、味醂
各大匙2
小匙1
白ゴマ
適量

1

写真

昆布は縦半分に切って、横に細長く切る(要は市販の昆布の佃煮サイズにすればOK)

2

昆布を鍋に入れ、ひたひたに浸るぐらいの水と酢を入れる。昆布が柔らかくなるまで30分程煮る。

3

昆布が柔らかくなったら、茶葉と調味料を入れる。水がなくなるまで煮詰める。途中で味見して、薄いようなら調味料を足す。

4

市販の佃煮の様に汁がなくなったらゴマを振って火を止める。清潔な容器に入れて冷蔵庫保存。

コツ・ポイント

今回参考に分量を書きましたが、結構適当です(^^;)。昆布より茶葉多目だとお茶の香りが強くなってそちらもいいですよ。要は、昆布を薄い酢水で煮てやわらかくし、茶葉と調味料を入れて煮詰めるだけです。
昆布はだしをとるたびにラップでくるんで冷凍保存しておくと貯めやすいです。お茶は1回しか飲まなかったものだと結構渋みが出ます。3~4回飲みきった茶殻の方が佃煮向きだと思います。

このレシピの生い立ち

元々京都のお茶屋さんのHPでお茶の佃煮の話を読んで作っていましたが、昆布をやわらかくする方法を雑誌で読んで、どうせならと合わせて作りました。
レシピID : 525121 公開日 : 08/03/07 更新日 : 08/03/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

16/02/05

First tsukurepo mark
写真

美味しく出来ました♪冷凍庫で大量保存の昆布を消費出来て良かった。

おはなすき

作ってもらい、ありがとうございます♪