大黒本しめじのチョボ寿司軍艦

大黒本しめじのチョボ寿司軍艦
野菜ソムリエ考案レシピ。甘辛く炊いた大黒本しめじが、食欲をそそります。

材料 (20コ分)

大黒本しめじ
4~5本
きゅうり
3本
<すし飯>
・米
1合
約30ml
カニほぐし身
適量
(A)
30g
・水
300ml
・根昆布しょうゆ(又はだししょうゆ)
50ml
適量
適量
すだち(くし型)
4コ
薄紅生姜
適量

1

写真

大黒本しめじは傘を下にして並べ、半日~1日天日干しにし、傘の部分はうす切り、軸の部分は粗みじんに切ります。

2

写真

鍋に(A)と1を入れて火にかけ、水けが無くなるまで煮ます。

3

きゅうりはピーラーで長くスライスします。きれいなものを20枚取りバットに並べ塩を軽くふり、しばらくおきます

4

3をサッと洗い、水けを取ります。

5

<すし飯>
米は洗って炊飯釜に入れ、水加減をして30分程度おき、炊きます。"

6

炊きあがればボウルに移してほぐし、すし酢をかけてうちわであおぎながら切るように混ぜ、冷まします。

7

<仕上げ>
6のすし飯を18~19gの一口程度の大きさに握り、4のきゅうりを巻きます。

8

7に2の大黒本しめじをのせ、酒をふって水けをきったカニほぐし身をのせます。

9

お好みですたちや薄紅しょうがを添えます。

コツ・ポイント

大黒本しめじは干すことで更にうま味がアップします。煮る際にツヤとこくを出すためにざらめ糖を使いましたが、上白糖で代用できます。味見をして、好みの味に仕上げてください。すし酢は種類によって味が違います。お好みのすし酢をお使いください

このレシピの生い立ち

大黒本しめじを甘辛く炊いたら美味しいのではないか!とひらめいて作りました。だししょうゆがよくきいて、食欲をそそります。野菜ソムリエ<大佛健>考案レシピ。
レシピID : 5275890 公開日 : 18/10/12 更新日 : 18/10/12

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」