助宗鱈の唐揚げ生野菜浸し

助宗鱈の唐揚げ生野菜浸し
【羅臼漁協女性部提供レシピ】羅臼で多くの水揚げがされる助宗鱈を使用したレシピ。ちょっとしたパーティーにも最適です。

材料 (2人分)

助宗鱈
1尾
野菜(お好みで)
適量
適量
塩コショウ
少々
少々
サラダ油
適量
白ゴマ
少々
調味液A
羅臼昆布つゆ
100cc
50cc
200cc

1

助宗鱈の頭と内臓をとり、3枚下ろしにし、骨のある部分を切り落とす。

2

キャベツ千切り、きゅうり・人参・玉ねぎはスライスして調味液Aに浸す。

3

3枚におろした助宗鱈の半身を3等分に切り、水気を拭き取ってから塩コショウをして片栗粉をつける。

4

Aに入れた野菜を水気を軽く切って皿に盛り付ける。

5

残ったAにごま油を足す。

6

行程3を油で揚げて、行程5の液に浸す。

7

盛り付けられた野菜の上に調味液をつけた唐揚げを乗せ、白ゴマを振る。

8

トマト・レタスを彩りよく盛り付けたら完成。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

羅臼漁協女性部による「浜のかあちゃんのレシピ」を公開!
羅臼の魚介類が全国の皆さんの食卓に届くように、レシピを通じてPRを展開します!
今回はその第2弾!「助宗鱈」を公開しました。羅臼の母の味を是非ご賞味ください。
レシピID : 5289698 公開日 : 18/10/12 更新日 : 18/10/12

このレシピの作者

世界自然遺産・知床半島の東側に位置する羅臼町は、多くの海の幸とひたむきな漁師の姿が色濃く残る「魚の城下町」です。羅臼町自慢の海産物を使用した郷土料理や、浜の母ちゃんイチオシの料理、羅臼の漁師がこよなく愛す漁師飯などを全国の皆様にお届けいたします!!

世界自然遺産知床 羅臼町役場ホームページ
http://www.rausu-town.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」