自家流生すじこから作るイクラ

自家流生すじこから作るイクラ
生筋子(半額セール品)が入手できる機会は年々減少している。賞味期限からさらに1週間保持可能な衛生管理手法を検討した。

材料 (5人分)

生筋子(Beisia, Japan)
500g
醤油(Jikka, Japan)
As appropriate

1

生筋子に熱湯をかけ、卵のみ清潔な(食洗器洗浄済か、殺菌効果付洗剤で洗った直後の)容器に移す。菌類殺すべし。慈悲はない。

2

1.にラップをかけ、冷蔵庫で3.が出来上がるまで保存する。保存期間は2時間以内が望ましい。

3

料理酒-めんつゆまでの材料を混ぜ加熱し沸騰したら火を止め1分待つ。

4

2.へ3.で作成されたタレを加え、上部をラップで覆い常温になったら冷蔵庫で保管する。

5

清潔なスプーンを用いて分取し、ごはんの上にかけて食する。必要に応じ刻み海苔及び醤油を添加しチューニングを行う。

コツ・ポイント

Metods補遺:
腐敗による精神的打撃を最小限に収めるため、保管容器および原料の清浄性は最大限保つことが望ましい。
イクラでは100℃未満において加熱で失われる旨味は非常に少ないのがありがたい。
実験者の場合は10日間保管可能であった。

このレシピの生い立ち

Discusion:
国際競争激化に伴い、生筋子入手は厳しくなる一方である。紛争先は知らないが「欲しがります勝つまでは」も重要という知見を共有するため執筆した。
なお予算計画上当実験室では半額生筋子でも年4回以上の実験は禁止されている。
レシピID : 5301524 公開日 : 18/10/20 更新日 : 18/10/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」