熱湯で簡単!冷凍餃子、生餃子の焼き方コツ

熱湯で簡単!冷凍餃子、生餃子の焼き方コツ

Description

解凍不要!
皮が破けにくいコツは熱湯♪
◎皿の盛り方もコツ付き◎

材料 (2人分)

冷凍、生餃子
1パック(12個くらい)
大1/2〜1
熱湯
適量

作り方

1

写真

火は消したまま、フライパンに油(分量外)をまんべんなく引き、餃子を並べる。
(油は最初の餃子ひとつで広げると簡単です)

2

写真

火を消したまま餃子1/3の高さまで熱湯入れて蓋をする。
火をつけて強火で焼く。
(火を消して熱湯を入れるのではねません)

3

写真

水分が飛んできたら蓋を取り、強火で焼き続ける。
(音がグツグツからパチパチに変わってきます)

4

写真

水分がなくなってきたら弱火にしてごま油を回しかける。フライパンをゆすってごま油をいきわたらせお好みの焦げ加減で火を消す。

5

写真

皿に盛る時は、写真のようにフライパンに皿を逆さにかぶせる。
皿を上から手のひらで押さえながら逆さにしてフライパンを外す。

コツ・ポイント

冷凍餃子は解凍しなくてOK。
餃子をフライパンに並べる時は、隣と離して置いてください。

餃子と熱湯を火を消して入れるので安心♪

ごま油の量はお好みで調整してください。
ごま油を入れてからの焼き時間は、お好みの焦げ具合で調整してください。

このレシピの生い立ち

冷凍や生餃子の焼き方、皿の盛り方の注意点を覚書しました。
レシピID : 5308212 公開日 : 18/11/25 更新日 : 18/11/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」