第25の隷使緋:トリジャガキエル

第25の隷使緋:トリジャガキエル
極限までやわらかく煮込んだ肉と野菜に、それぞれの旨味がしみ込み、熱々でも冷めてもご飯が進む一作。うすうすお気付きかと思うが、「煮物が一番難しいのよ」という御馴染みの先輩主婦のセリフは、実際それほどでもない。

材料 (3人分)

鶏もも肉
300g
新じゃがいも
6個
れんこん
輪切り3cm
にんじん
輪切り3cm
1かけ
 
酒①
1/2カップ
醤油
大さじ2
大さじ2.5
砂糖
大さじ1
小さじ1
塩①
チョロ
コショウ
チョロ
 
2カップ
白すりゴマ
お好みでチョロ
お好みでチョロ
酒②
大さじ1
塩②
チョロ

1

【パターンブルー、下ごしらえです】鶏もも肉は5cm角のぶつ切りにし、酒②と塩②に15分つけ、新じゃがは皮を剥きそのまま、れんこんも皮を剥き、1cm厚をさらに8等分し酢水さらす、にんじんは5mm厚のいちょう切り、しょうがはスライスしておく。

2

【パターンブルー、鶏肉炒めです】鍋にだし汁を沸かしておく。フライパンに、サラダ油をしき、ごま油を足して、しょうが、鶏もも肉を入れる。塩②とコショウをふり、中火で炒め軽く焦げ目がついたら肉だけ鍋に移す。

3

【パターンブルー、煮込みです】鍋に野菜、酒①、醤油、みりん、砂糖を加え、少し煮立たせてアルコールを飛ばしたら味を見る。落し蓋をして、汁がほぼ無くなるまで(90分くらい)中火で煮込む。

4

【パターンブルー、仕上げです】竹串でじゃがいもや、れんこんの柔らかさを確認し、問題なければ器に盛り、白すりゴマと山椒を振ってできあがり。

コツ・ポイント

酒と塩につけた鶏を鍋に入れるときは、一度水洗いして、水気を切ってから入れたほうが味がよく乗る。れんこんはものによって、N2爆雷も通じないほど固いので、煮込み中、柔らかくなって無いようだったら弱火でさらに長時間煮る作戦に切り替える。煮込み始めの味調整は砂糖と醤油とごま油で納得いくまでやる。

このレシピの生い立ち

新じゃがが大量に手に入ったから。そして、「しんじゃが」と入力すると「信者が」と出る。
レシピID : 530965 公開日 : 08/03/15 更新日 : 08/03/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

08/04/06

First tsukurepo mark
写真

ジャガイモと鶏肉が互角の柔らかさになります。看板に偽りなし!

車好きのまー

”このレシピをつくりましたレポート”感謝っす。嬉しいっす。