★覚えやすい配合★秋の定番アップルパイ

★覚えやすい配合★秋の定番アップルパイ

Description

覚えやすい配合(薄力粉:強力粉:バター:水=1:1:1.5:1)のアップルパイです。

材料 (2個分(約25㎝×15㎝ ×2個))

★パイ生地
薄力粉
125g
125g
バター
190g
3g
125cc
★フィリング

作り方

1

粉は合わせて、高い位置から台にふるい落として山にする。

2

中央に窪みをつけ塩とバター(15g)、水を入れ、カードで切り混ぜて一塊にする。
※水10ccは最初入れず、必要なら足す。

3

生地を冷やしている間にバターをラップで挟み、15㎝角に成形して冷蔵庫で生地と同じ固さになるよう冷やしておく。

4

写真

冷やした生地を22㎝(バター辺15㎝×2/1.42)角に伸ばす。
※丸めた生地なら、十文字に切れ目を入れて伸ばす。

5

写真

ダイヤモンド形に置いた生地にバターを載せ、生地がなるべく重ならないよう、空気が入らないように包む。

6

生地を縦に伸ばして四つ折りし、90度回転させて再度同じように伸ばして四つ折りしたら、生地を冷蔵庫で冷やして寝かせる

7

作り方6同様、二回四つ折りする。

8

生地を出したら30㎝四方に伸ばして、縦に半分にカットし、土台となる半分はそのまま、上となる半分は再度冷やす。

9

残した土台の生地(15㎝×30㎝)を再度伸ばして25㎝×30㎝に成形し、半分にカット(15㎝×25㎝)する。

10

写真

土台が出来たらピケ(フォークで生地に穴をあけ)し、フィリングを載せて必要なら冷やす。
※生地がだれていたら後で載せる。

11

写真

上となる生地を同様に伸ばして二分したら、生地に切り込みを入れて、フィリング(ID:4307269)の上から土台に載せる。

12

写真

生地の縁をフォークの背で押し付けて生地を接着し、表面に卵黄を塗る。

13

写真

220度で30分ほど焼く。

14

写真

お土産にする場合、下にアルミホイルを敷いておくと、先方で必要に応じてトースターで焼き直せるのでオススメです。

コツ・ポイント

材料も道具も冷やし、カードで切り混ぜるときは生地を練らず、バターが溶けないように素早く、折り込み作業ではバターが生地からはみ出さず、生地がきちんと重なるようにすると綺麗な層が出来ます。

このレシピの生い立ち

昔から作っていた、バター&水が多かった自分の配合と、料理教室で習った配合、どちらでも作ることはできたので、その間で分かりやすく作れそうな値を新たな配合としてみました。
レシピID : 5311826 公開日 : 18/10/28 更新日 : 18/10/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」