ハロウィンあんこ玉・にゃんこ玉

ハロウィンあんこ玉・にゃんこ玉
あんこ玉ハロウィンVer.と、
にゃんこ玉(ねこ&肉球のあんこ玉)、
その他。自分用メモ。

材料

白あん
1個あたり15g程度
紫芋パウダー
少量
かぼちゃパウダー
少量
抹茶
少量
いちごシロップ
少量
(寒天液)
400cc
粉寒天
4g
砂糖
10g

1

写真

ポリ袋に白あんとパウダーを入れ、モミモミしてよく混ぜる。

2

写真

白あん100gに対して紫芋パウダー5gで、こんな感じ。

3

白あんやパウダーのメーカーによって、発色や味が違うと思うので、
最初は少しずつ混ぜて、色の具合や味をみながら足すと良い。

4

かぼちゃパウダーも、同様に混ぜる。
白あん100gに対してパウダー5g(あくまで目安)

5

抹茶も同様に5g混ぜたが、色が濃すぎて苦くなった。
白あん100gに対して、抹茶は2~3g位が良いかも。

6

写真

いちごシロップは、白あん100gに対して3g使用。

7

写真

シロップでゆるくなったあんは、少量ずつちぎって放置。
程良く水分が飛んだら、もう一度まとめてよく混ぜておく。

8

いちごはシロップよりも、パウダーを使う方が扱いが楽だと思う。

9

いよいよ楽しい成形作業♪
今回は、あんこ玉1個=15gずつ量って作った。
(大きさを揃えたかったので)

10

写真

紫芋あんを丸めて、2ヶ所とがらせて耳にして、黒?ねこ。

11

写真

かぼちゃあんを丸めて、お箸で線を付けて、かぼちゃ。
抹茶あんを少量丸めて付けて、ヘタっぽくする。

12

写真

白あんを丸めて、しずく型に尖らせて、オバケ(ゴースト)。

13

写真

成形できたら網にのせて、バット等の受け皿の上にのせる。

14

鍋に水と粉寒天を入れて混ぜ、中火にかけて沸騰したら2分ほど煮る。
火を止めて砂糖を加え、よく混ぜて溶かし、粗熱をとる。

15

写真

成形したあんこ玉に、粗熱をとった寒天液を2回ずつかける。
寒天が固まったら、出来上がり~。

16

写真

網から外したあんこ玉の裏側。
こんな風に、寒天のしずく溜まりができると、皿へ置くのに邪魔なので…

17

写真

ボコっとした部分を、包丁で軽く削ぎ落とした。
寒天が固まる前に、クッキングペーパーの上に移動させても良かったかも?

18

写真

ハロウィンあんこ玉、完成!
紫ねこ・白あんオバケ・かぼちゃ。
チョコペンで顔を描いたりしてもいいかもね。

19

写真

にゃんこ玉セット。肉球&白ねこ。

20

写真

肉球あんこ玉は、丸めた白あんの上に、少量のいちごあんを丸めて並べて。

21

写真

寒天液をかけると、自然に隙間が埋まって一体感が出る。ぷっくりツヤツヤ☆

22

写真

カラフルあんこ玉。
丸めただけの普通のあんこ玉も、何色か作ると可愛い。

23

写真

カラフルにゃんこ玉。
ねこもいろんな色で作ると楽しい。

24

写真

お茶の葉あんこ玉。
抹茶あんを丸めて、上面を葉っぱの形にして、お箸でスジを付けた。
抹茶は入れ過ぎると苦くなるので注意。

25

写真

ハート玉。
いちごあんを丸めて、お箸で凹ませた後、丸っこいハートの形に整えた。
和菓子党の彼へバレンタインにもいいかも?

26

写真

残り玉。
最後に少量残った色あんを、細かくちぎって、白あんに混ぜて丸めた。

コツ・ポイント

1個15g×作りたい個数+αでザックリ計算して、白あんを用意して下さい。
各色100gずつだと、かなりの量です。
パウダー類の分量は目安なので、少量ずつ混ぜて、好みの色・味に調整して下さい。
粘土細工みたいに、好きな形を作ると楽しいですよ。

このレシピの生い立ち

球だけじゃなく、いろんな形のあんこ玉があってもいいよな~と思って。
ちょうどハロウィンなので、かぼちゃや黒ねこの形で作ってみよう!と。
ねこついでに肉球も作ってみたら、超可愛くできたので、とても満足。
レシピID : 5316646 公開日 : 18/10/31 更新日 : 18/10/31

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」