腎臓内科医考案うずらで減塩メレンゲ泡醤油

腎臓内科医考案うずらで減塩メレンゲ泡醤油

Description

うずらの卵白でメレンゲ泡醤油を作りました。小さじ1杯程度の泡醤油なので、使い切りできます。塩分0.03gです。

材料

うずらの卵白
1個分
減塩醤油
7適

作り方

1

写真

うずらの卵を1個用意します。殻にひびをいれてから、キッチンハサミで薄皮を少し切ります。

2

写真

卵白を分離してボウルにいれます。

3

写真

プッシュワン醤油差しから自然落下で7滴醤油を加えます。

4

写真

泡立て器で泡立てるとメレンゲ泡醤油のできあがり。量としては小さじ1杯程度です。

5

写真

お刺身に挟んだり、のせたりしていただきます。

6

生卵を使用していますので、調理後2時間以内に食べましょう。
調理器具はよく洗いましょう。できれば熱湯を使いましょう。

コツ・ポイント

うずらの卵は殻が薄いですが、薄皮は厚めです。薄皮をハサミで少し切って、卵を割ったほうが、卵白が取り出しやすいです。
量が少ないので使い切りできると思いますが、作ったらすぐに使って、翌日以降は使わないようにしてくださいね。

このレシピの生い立ち

鶏卵の卵白で作るメレンゲ泡醤油が多くて使い切るのが難しいと感じる方のためにうずらの卵白を使いました。もっと多い量が必要な方は、うずらの卵白と醤油の量を増やしてくださいね。
レシピID : 5328809 公開日 : 18/11/08 更新日 : 18/11/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」