濃縮野菜スープ 

濃縮野菜スープ 
濃厚な野菜スープです。圧力鍋で食事のしたくついでに作れます。1.5~2倍にうすめて普通の濃度なので、一度作ると4~5回分(大人2人前)になります。
うすめ方のバリエーション、加えるもので楽しんでください。

材料 (大人2人分×4回)

ブロッコリーの芯
ブロッコリー1~2個分
キャベツの芯
適宜
人参
中1/2~1本
玉ねぎ
中1個
じゃがいも
中1個
セロリの葉や芯、パセリの茎
適宜
200cc
小さじ1またはキューブ1
トマトジュース
1本(195g)
適宜
*コショウ
適宜
*残リ物の野菜
適宜

1

野菜はすべて2~3cmくらいで適当に切る。圧力鍋に野菜、ローリエ1枚、コンソメの素、水(材料がひたひたになるくらいに野菜の量で調節してください)を入れて強火にかける。(平和アルミのピースプレッシャーパン、重いオモリ使用)

2

写真

蒸気が出たらオモリが動くように弱火~トロ火に調節し、約20分加熱する。
火をとめて、冷めるまでほうっておく。余熱で20分ほど煮込まれるので、ムリに蒸気を抜かずに野菜を煮崩せます。写真は冷めて蓋をとった状態。

3

写真

バーミックス(アタッチメントはミンサー)またはジューサーなどでどろどろになるまですりつぶす。繊維が多すぎたり、気になるようならザルで漉しながら、新しい鍋に移す。(漉し器で漉すと繊維が減るので、お好みで加減してください)

4

写真

トマトジュース1本を加え、加熱しながら塩加減を整える。(加塩トマトジュースの場合は要注意)
*ハーブ、コショウ類は好みで加えてください。病人食、離乳食など刺激を避ける場合は入れません。
*写真は金時人参(京人参)のため色が濃いです

5

写真

出来上がりは500~750ccくらいになります。濃厚ですので、1.5~2倍にうすめて食べてください。煮沸消毒したビンにつめて1週間程度冷蔵可能です。

6

写真

*スープのうすめ方バリエーション・さらにトマトジュースを加える→濃厚トマトスープ・牛乳を加える→ポタージュ風・加熱せずに牛乳を加える→ヴィシソワーズ風(夏にどうぞ)
*写真は有機野菜コンソメ。これ使うと動物系タンパク無添加、ヴィーガンです

コツ・ポイント

野菜の種類、量で出来上がり量が変化します。セロリやパセリの葉など、香りの強いものが嫌いな人は控えて大丈夫です。(ちなみに牛蒡を入れても美味しかったです(笑))油分を含まないので、このまま離乳食、病人食にも最適です。生クリームや牛乳を足す、ハーブ類を加える、ソーセージを入れるなど、バリエーションが出来ます。
*コンソメ無しでも充分野菜の旨みで美味しいです。

このレシピの生い立ち

お姑さんが胃が弱いので、工夫して作ったらとっても便利な常備食だと気づきました。
他の料理で使った野菜クズが有効利用できて、満足度も高いレシピです(笑)
レシピID : 534100 公開日 : 08/03/20 更新日 : 08/03/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」