きのこたっぷり古代米リゾット

きのこたっぷり古代米リゾット
プチプチとした食感が魅力の古代米(赤米)と、たっぷりのきのこを使ったレシピです。

材料 (3~4人分)

白米
180g
古代米(赤米)
50g
シイタケ・ブナシメジ・エリンギなど
計150g
1/2片
玉ねぎ
30g
にんじん
30g
ピーマン
小1個
バター
20g×2
チキンブイヨン
1L
パルメザンチーズ(粉チーズ可)
20g
適量
塩・コショウ
適量

1

写真

きのこ類は食べやすい大きさに、玉ねぎ、パセリはみじん切りにする。

2

写真

にんじん、ピーマンは、5mm角に切って下ゆでする。

3

写真

沸騰したお湯で古代米を15分程ゆで、ざるにとっておく。

4

写真

フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れ、弱火にかける。

5

写真

4が少し色づいたら、きのこ類を加えて強火で炒め、塩・コショウで味を調える。

6

別の鍋にバターを熱し、玉ねぎを焦がさないように弱火で炒める。

7

写真

6に白米と古代米を入れ、熱くなるまで炒めたら白ワインを加えてアルコール分を飛ばす。

8

写真

熱いブイヨンを少しずつ加え(※)、焦げないように混ぜながら弱火で煮る。

9

写真

8を煮込み始めて10分程で、2、5を加え、さらに5分煮る。

10

塩・コショウで味を調え、火を止めてバター、チーズを加えて混ぜる。

11

写真

器に盛り付け、チーズ、パセリをかけて完成!

コツ・ポイント

※ブイヨンは、最初は米が隠れるくらいの量を入れ、煮汁が少なくなり米の表面が見えたら足す。

このレシピの生い立ち

奈良県広報誌「県民だより奈良」の人気コーナー「新発見!おいしい奈良(2018年12月号)」で紹介したレシピです。
レシピID : 5343697 公開日 : 18/12/06 更新日 : 18/12/06

このレシピの作者

かつて「うまいものなし」と言われた奈良県が、ついに汚名返上を果たします!豊かな土壌と、大きな寒暖差が育んだ、おいしいおいしい「大和野菜」や、鎌倉時代からの銘牛「大和牛(やまとうし)」など、奈良が誇る「うまいもの」を全力で紹介!「うまいもの」がいっぱいの奈良県に、ぜひ一度遊びに来てね!
【奈良県公式HP】www.pref.nara.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」