胚芽玄米の甘酒

胚芽玄米の甘酒
胚芽玄米で作る甘酒です。
白米で作るよりも甘く美味しいので、
砂糖の代わりに料理やヨーグルトに入れても◎。

材料 (原液1ℓ位)

胚芽玄米
1合(150g)
米麹(乾燥)
200g
生の米麹を使用する場合は乾燥麹の2倍量を目安に。

1

写真

胚芽玄米でおかゆを炊きます。

2

写真

白米で作る時よりも柔らかく炊きます。

3

写真

乾燥米麹を揉みほぐします。

4

写真

おかゆを60度位に冷まし、そこに米麹を入れて混ぜます。

5

写真

温度を55~60度位に保ち、炊飯器を保温の状態に設定し、ふきんを被せるだけで、蓋は開けたままにしておきます。

6

8~10時間保温し、その間3回ほどかき混ぜて出来上がりです。

7

熱湯で3~4倍に薄めてお召し上がり下さい。
塩をひとつまみ加えると、お米の甘さが一層引き立ちます。

8

写真

今回使用したのは板状の乾燥米麹です。

コツ・ポイント

40度以下で発酵させると、乳酸菌により酸味が出てしまい、逆に60度以上になると、酵素が破壊されて糖化が進まないため、甘みの少ない出来になります。温度管理が重要です。

原液は冷蔵庫もしくは冷凍庫で保管し、お早めにお召し上がり下さい。

このレシピの生い立ち

栄養価の高い胚芽玄米を使ったレシピとして、甘酒を作ってみたところ、白米で作るよりも甘く美味しくできました。

当園の胚芽玄米
https://www.satounouenn-rice.com/商品説明・ご注文.html
レシピID : 5350057 公開日 : 18/11/26 更新日 : 18/11/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」