丹波大納言小豆の抹茶マフィン

丹波大納言小豆の抹茶マフィン
野菜ソムリエ考案レシピ。塩味の丹波大納言小豆を使い、砂糖を通常の量より2割減らし甘さ控えめマフィンに仕上げました

材料 (4cmマフィン型10個分)

丹波大納言小豆の塩味仕上げ(作り方7参照)
100g
2コ
バター(食塩不使用)
100g
(A)
・薄力粉
100g
・抹茶
大さじ1
砂糖
80g

1

卵とバターは常温にもどしておきます。

2

(A)を合わせてふるいにかけ、大さじ1を丹波大納言小豆の塩味仕上げにまぶします。

3

ボウルにバターを入れ、ゴムベラで滑らかになるまで混ぜ、砂糖を3回に分けて加え、その都度よく混ぜ合わせます。

4

3に溶きほぐした卵を少しずつ入れ、ダマにならないように混ぜ合わせます。

5

4に2の粉類を入れて切るように混ぜ、小豆を入れてさっくりと混ぜ合わせます。

6

マフィン型に入れ、180℃に温めたオーブンで約15分焼きます。

7

丹波大納言小豆の塩味仕上げ参照
ID5353163

コツ・ポイント

卵とバターは常温にもどすことにより、混ぜ合わせやすくなります。小豆に粉をまぶすことで沈みにくくなります。焼くと膨らむので、マフィン型に入れる生地の量は、8分目くらいまでにしましょう。

このレシピの生い立ち

大粒の丹波大納言小豆の甘く炊いたものとは違う食感を楽しめます。抹茶生地のマフィンとの相性はもちろんピッタリです。野菜ソムリエプロ<澤井真佐代>考案レシピ。
レシピID : 5353256 公開日 : 18/12/06 更新日 : 18/12/06

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」