タコときゅうりの生姜入りレモン醤油和え

タコときゅうりの生姜入りレモン醤油和え

Description

しょうがもたっぷり入れた、さっぱり爽やかなレモンじょうゆに、ディルを入れて香りを移したドレッシングでいただく1品です~★

材料 (2人分)

タコ(刺身用)
足1本分ほど
きゅうり
大1本分ほど
大さじ1
しょうゆ
大さじ1ほど
小さじ1ほど
小さじ1~2ほど
少々
 
※ディルはGABANさんのホールタイプのGABANディル(ホール)を使っています。しょうが(チューブ)はハウス特選本香り 生しょうがを使っています。
※しょうがは、チューブタイプのしょうがを使っていますが、チューブタイプのしょうががない場合は、約1片分ほどのしょうがをすりおろして、もしくはみじんぎりなどにして使って下さい。
※しょうゆ、レモン果汁の種類、量によって、人によって、味が濃すぎるように感じたり、すっぱすぎに感じてしまう場合もあると思います。その時は、しょうゆ、レモンの料理を加減していただき、それでも濃い、酸味を強く感じてしまう場合などは、少々水を加えて薄めて下さい。
※ドレッシングが少し濃くても、きゅうりやタコの水気などで薄まります。薄まり具合も考慮してお好みで濃さを加減して下さい。
※ドレッシングは、材料を全て混ぜ合わせて、すぐに使っても美味しくいただけますが、少し時間を置いて、ディルの香りをドレッシングに移してから使った方が、より香り良く美味しくいただきやすいです。
※キッチンバサミを使い慣れていて、キッチンバサミのみで調理可能であれば、キッチンバサミのみで調理して、盛り付けるお皿が電子レンジ対応の耐熱容器であればそのまま調理もでき、包丁やまな板が不要で盛り付けるお皿も不要で、ドレッシングを作るボウルだけとなり、より簡単にお手軽に作れて洗物等の家事も軽減できます。
※でも無理にキッチンバサミのみで調理しようとはせず、キッチンバサミに不慣れな場合な時などは、いつもの方法、使いなれたキッチン道具を使って調理をなされて下さい。
※盛り付けるお皿の中でドレッシングを作って、さらにその盛り付けるお皿の上でタコ、きゅうりをキッチンバサミで切れば、キッチンバサミと盛り皿だけで料理が作れます。
※ディルの量はお好みで加減して下さい。
※ディルなどのスパイスは、人によって好みは様々で、慣れると本当にヤミツキになるほど欠かせないものとなりますが、慣れないうちは、香りや風味を強く感じすぎてしまう場合があります。皆さまのぞれぞれの好みに合わせて、慣れにあわせて量などを加減して下さい。

作り方

1

小さめのボウルにレモン、しょうゆ、しょうが、ディル、塩を加えてよく混ぜ合わせて、ドレッシングを作る。

2

タコ、きゅうりを適当な大きさに、キッチンバサミなどを使ってきる。

3

お皿にもり、ドレッシングをかける。

コツ・ポイント

ブログでの「タコときゅうりの生姜入りレモン醤油和え」の作り方~!
→https://blogs.yahoo.co.jp/nobunobu19772000/38761586.html
※レシピのタイトルや作り方は、一部変更しています~♪

このレシピの生い立ち

2018年11月のスパイス大使活動のテーマが「ワインと楽しむ簡単おつまみ」で、モニターとしてGABANさんの「ディル(ホール)」を使用~!キッチンバサミで切って、材料を混ぜて和えるだけでワインなどのお酒にぴったりな1品が完成しちゃいます~★
レシピID : 5353854 公開日 : 18/11/26 更新日 : 18/11/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」