アツアツが美味しいアップルパイ

アツアツが美味しいアップルパイ
バターが75%入っているので是非焼き立てを食べてみてください。やみつきになると思います。

材料 (21センチパイ皿)

りんご
大  3個
砂糖
1カップ
シナモン
お好みで
薄力粉
200g
バター
150g
冷水
100cc
スポンジのくず
適宜
つや出し用アンズジャム
適宜

1

写真

りんごは皮をむき八つ切りにし、1センチくらいの厚さに切り、砂糖、好みでシナモンをいれあまりかき混ぜないで水分がなくなるまで焦がさないように煮る。

2

写真

ボウルに薄力粉を入れバターはさいころ状にカットしたものを手でもみこみ、かたまりが少々残っている状態で、冷水を少しずつ加え、ひとかたまりにする。

3

写真

大き目のポリ袋に入れて2時間以上冷蔵庫で休ませる。

4

写真

ポリ袋のまま生地を麺棒で平らにし伸ばす。袋の中である程度伸ばしたら、生地だけを3つ折にし、方向を変え袋のまま伸ばす。2、3回繰り返す。

5

写真

大体形ができたら台に打ち粉をし生地を伸ばす。伸ばしてたたみ、方向を変えて伸ばしを繰り返し、生地にバターがきれいになじむまで繰り返す。

6

写真

皿の3倍位に伸ばした生地の下にパイ皿をいれ、ナイフでカットし、残りの生地は3センチ幅にカットする。

7

写真

パイ皿の生地に、くずカステラ(市販のスポンジ)など水分を吸収するものを敷きりんごの水分を切って入れ帯状に切った生地をかごを編む要領で真ん中からアミ状に組む。長めの生地で一回りする。

8

写真

220℃のオーブンで40分くらい焼く。仕上げにアンズジャムを塗ってつやを出す。

コツ・ポイント

りんごは紅玉が美味しいですが、どうしても煮崩れてしまいジャムのようになってしまいますのでフジを使用しました。450g入れると食べたーって気がします。
生地を伸すのにポリ袋のままある程度まで伸ばすと台にも麺棒にも着かないので扱いやすいと思います

このレシピの生い立ち

娘時代に習いに行った料理教室の先生(当時70歳を過ぎた上品な先生)がデザートに作ってくれたパイが忘れられなくて、進化すること40年。このパイが出来上がりました。私の自信作です。
レシピID : 535861 公開日 : 08/04/12 更新日 : 08/10/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」