玉ねぎと小松菜のおから

玉ねぎと小松菜のおから
玉ねぎの甘みを生かした優しい味のおからです。小松菜の食感もしゃきしゃき楽しい。

材料 (作りやすい分量)

おから
200g
玉ねぎ
1個
小松菜
半束
平天(さつま揚げ)
100g
日本酒
大さじ1
大さじ1
しょうゆ
大さじ1.5~2
大さじ1程度
大さじ1.5~2

1

平天は、油がきついようなら湯で洗い、2センチ長さの薄切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。小松菜は洗って、葉の部分に縦に包丁を2~3回入れてから、1センチ長さに切る。おからは電子レンジで熱くなるまで加熱する。

2

なべに油を熱し、玉ねぎを入れてさっと炒める。火を弱め、ふたをして蒸らし炒めする。焦げないように時々混ぜる。別なべに日本酒、みりんを煮立て、水180cc、しょうゆ、だししょうゆを加え、煮びたしをするくらいのやや濃い目の味つけにする。

3

この煮汁で平天をさっと煮る。天ぷらがふっくらしたら、小松菜を加え、もう一度煮立つまで火を通す。すぐに火を止め、ふたをしておく。玉ねぎのなべに、熱いおからを入れて油がなじむまで炒め、煮びたしの汁だけを注いで、よく混ぜながら煮る。

4

火が通ったら、残しておいた具を加え、全体がよくなじむまで混ぜる。味をみて、しょうゆで調える。

コツ・ポイント

玉ねぎの甘さを出したいので、ふたをして蒸らし炒めにします。小松菜と平天は、煮びたしの要領で味をなじませておきます。煮びたしの煮汁でおからに味つけするわけですが、具のほうからも味が染み出してきますので、おからが煮上がったら、しばらく置いておくとちょうどよい味になります。しょうゆは濃口でも薄口でも。写真は、薄口しょうゆと薄い色のだししょうゆを用いています。

このレシピの生い立ち

おからに炒め玉ねぎで甘みを出してみようと思い、考えたレシピです。小松菜はさっと火を通すだけなので、歯ごたえとさわやかさが残り、色味もきれいなおからになりました。
レシピID : 536434 公開日 : 08/03/23 更新日 : 08/10/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

21 (18人)

13/10/05

写真

小松菜の食感が最高!上品なお味で沢山食べれて美味しい〜♬

+SUN3

作って下さって嬉しいです^^小松菜が美味しいですよね。

13/04/29

写真

右端です♡かぼちゃの煮物と人参もいれてみました(*^^*)

runaaaa_

かぼちゃもぴったりきそう。カジュアルなアレンジ素敵ですね^^

12/06/03

写真

新玉ねぎで。期待以上の美味しさ♬高齢者の差し入れになりました。

ぼのつま

甘くてさらりとして美味しいと思います。ありがとうございます。

11/05/11

写真

シャキシャキと噛みしめるおからにとっても満たされました!ご馳走様

ジジさん

具の存在感を大事に思うのです。美味しそうな一皿に感謝です^^

1 2 3 4 5