あの名店の味を目指せ!盛岡じゃじゃ麺

あの名店の味を目指せ!盛岡じゃじゃ麺
私の地元、盛岡の名物として有名なじゃじゃ麺。その中でも特に有名な、○龍さんの味を再現してみました。見た目はほぼパーフェクト、味の評価は、食べたあなたの判断におまかせします!

材料 (6食分 )

<肉味噌>
6食分の分量
豚挽き肉
150g
玉ねぎ
1/2個
干し椎茸
5枚
300cc
サラダ油
大さじ3
大さじ2
味噌
大さじ6
砂糖
大さじ1
練りゴマペースト(あれば)
大さじ1
少々
 
<じゃじゃ麺>
一人分
肉味噌
大さじ2
うどん
1玉
キュウリ
1/2本
長ネギ
5㎝
紅しょうが
1切
おろししょうが
少々
適量
ラー油
適量
 
<ちーたんたん>
1杯分
生卵
1個
肉味噌
適量
塩コショウ
少々

1

<肉味噌の作り方>
玉ネギは細かいみじん切りにする。にんにくはみじん切り、生姜はすりおろす。

2

干し椎茸は濡れぶきんで汚れを落とし、水300ccにいれて戻す。
ふっくらと戻ったところで、水気を絞って細かいみじん切りにする。
戻し汁は取っておく。

3

フライパンに油大さじ3を入れ、玉ねぎを入れて火をつけ、弱火でじっくりと炒める。

4

ねぎが揚げたような状態になってきたら、にんにく、しょうがを加えて、香りがたったところで、ひき肉を加えて火を強めてさらに炒める。

5

挽き肉が白く色が変わったら、干し椎茸を加えて、酒大さじ2を加えてさらに炒める。

6

挽き肉がポロポロになったら、しいたけの戻し汁を加え、沸騰したところであくをすくう。

7

一度火を止めて、砂糖大さじ1、すりゴマ大さじ6、味噌大さじ6、麺つゆ大さじ2を加えてよくかき混ぜる。

8

再び弱火にかけて、よくかき混ぜながらぽってりとしてくるまで煮詰め、練りゴマペースト大さじ1、ごま油ひとまわしを加え、軽くかき混ぜて馴染んだところで火を止める。


9

荒熱を取って、出来上がり。

10

<じゃじゃ麺の作り方>キュウリは厚めの目の輪切りにしてから細切り、長ネギはみじん切りにする。

11

うどんをゆでる。
(ゆで汁は残しておく)


12

水気を切った熱々のうどんを器に入れ、キュウリ、長ネギ、肉味噌を乗せて、おろししょうがと薄切り紅しょうがを添える。

13

酢、お好みでおろしニンニク、ラー油を加えてよくかき混ぜていただく。

14

写真

<ちーたんたん>じゃじゃ麺を食べたお皿で頂く、お店の名物の玉子スープです。卵が冷たいとぬるくなってしまうので、必ず常温に戻しておきましょう。

15

<作り方>じゃじゃ麺を少し食べ残した状態で、卵1個を割りいれ、よくかき混ぜ、熱々のうどんのゆで汁を加えて、かきたま汁状になるように、よくかき混ぜる。
味を見て塩、コショウ、肉味噌を加えて好みの味に調整し、スープとしていただく。

コツ・ポイント

♪今回のポイント♪我が家では名古屋の赤出し味噌を使っていますが、お店では、仙台赤味噌を使用しているようです。味噌はお好みのものでかまいませんが、味噌によっても味が違ってきますので、味を見ながら調味料の量を調整してください。普通の味噌を使う場合は、砂糖を半量くらいにしてもいいと思います。保存は冷蔵庫で。長期保存する際は、一食分づつ小分けにして冷凍すると長持ちします。

このレシピの生い立ち

♪このレシピについて♪岩手在住の姉から聞いたレシピです。姉が盛岡に住んでいた頃、じゃじゃ麺の名店○龍の味にはまり、毎日通い詰めていた知人の意見を参考にして、このレシピを作成したそうなので、かなり完成度は高いと思います。 参考URL
 http://item.rakuten.co.jp/baeren/c/0000000140/(楽天 白龍)
レシピID : 537331 公開日 : 08/03/24 更新日 : 08/03/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

67 (61人)

16/12/22

写真

リピです。季節を問わず、人気メニュー(^o^)

ちょとのか

リピありがとうございます。いつ食べても美味しいですよね。

16/12/04

写真

本気で凄い!盛岡の味だよ!!本当に美味い!学生時代思い出した♪

双子新米ママもっち

盛岡の味ですか!嬉しいです。懐かしの味ですね。

16/10/29

写真

早く煮詰まれ♪何度か作ってます!大量生産で冷凍してます(^^)

やよP

たっぷり作って、冷凍。いいですね~。

16/10/12

写真

美味しくできました!お家でも思う存分食べられますね☆

deltaY

見た目もばっちり!とっても美味しそうですね♪

1 2 3 4 5
愛うらら 2008年07月22日 13:26
せいらさん、こんにちは☆

じゃじゃ麺のレシピ、ありがとうございました!
実は練りゴマとすりゴマの白と黒を間違えて買ってきてしまい、出来上がった味は○龍とはちょっと違う!って味になっちゃったんですけど、それでも十分じゃじゃ麺気分を味わえました♪

私は岩手じゃないんですけど、主人が盛岡なんです。
結婚してから初めて主人が大絶賛のじゃじゃ麺というものに対面し、一番最初は「そんなにハマるほどのものかな?」と思ってたんですけど、二度目に食べたらもう虜でしたヽ( ´¬`)ノ
それから盛岡へ帰省するたびにお持ち帰りセットを買っています。
でもそれがなくなってしまうと、盛岡の親戚に「送ってくれ」と頼むのも申し訳なくて、ちょっとしたじゃじゃ麺中毒症状が現れてたんですよね~(^ ^;)
だから、これからはその心配がなくなりそうです♪
門外不出の○龍のじゃじゃ味噌のレシピを作り出したお姉さまにもお礼が言いたいです~☆

来月にはまた帰省するので、その時にまた○龍とヤマト(うちはぴょんぴょん舎には行かないので…)で盛岡グルメを堪能してきます♪