スポンジケーキ…(共立て)

スポンジケーキ…(共立て)
基本のスポンジケーキです.普段はモバレピを利用する事が多く,過程の写真を見れない事が多いです.なので今回は文章だけでも伝わるように,なるべく細かく手順を載せました.

材料 (15cm丸型1台分)

2個(M・L両方可)
薄力粉
60g
砂糖(グラニュー糖or上白糖)
60g
バター
10g

1

<準備>バターは湯煎で溶かし、溶かしバターにする。
卵は室温に戻す。
オーブンを180度に予熱する。
型にクッキングペーパーをセットする。

2

卵と砂糖をボールに入れ高速のハンドミキサーで泡立てる。
白っぽく艶が出て、垂らすと文字が書けるくらい(リュバン状)まで根気よく混ぜる。文字がすぐ消えるようなら混ぜ足りない.
爪楊枝を立てて倒れないかで確認してもOK。

3

キメを細かくするため(2)を低速のハンドミキサーで1分ほど更に混ぜる。 この作業で泡が均等になります.

4

薄力粉をふるいながら半分加え、ゴムベラで円を描くように混ぜる。 薄力粉は先に振っておいてもいいですが,(3)に入れる時に均等に全体に振り掛けたいので,私はこの段階で入れています.

5

大体混ざったら,残りの薄力粉も同じようにする。
完全に混ざらなくても”大体”混ざればOK.
次の段階でも混ぜは入るので.

6

生地の底にバターがたまらないように、溶かしバターをゴムべらで受けながら、(4)の生地の表面全体に流し入れる。
ゴムべらで手早くムラなく混ぜ合わせる。

7

型に生地を流し入れる。
最後に残った,ボールにくっついている生地はゴムベラで拭いながら、なるべく端っこに入れる。最後に残っている生地は重い為真ん中に入れると膨らまない原因の1つになるので.プロの方は使わない事もあるようです….

8

180度のオーブンで25分焼く。
焼き上がりは表面に弾力があるかで判断。竹串を刺して見極めてもOK。
生地を取り出す。

9

型ごと30センチ位の高さから落とす。
これは焼き上がり後の縮みを最小限にするためです.
因みに(8)の焼きが甘いと,落とした瞬間に一気にしぼみます... 

10

写真

逆さまにして冷やします。 型を外すときに気をつけないと手で押したりした部分が凹む事も・・・ クッキングペーパーはくれぐれも外さないように!!乾燥してしまうので.

11

冷ますときに型を外すかどうかはレシピによって違うみたいですね. 今回はかなりフワフワ生地だったので外して冷ましました.

12

写真

冷めたら完成です.
一晩置くとしっとりしますよ.もちろん冷ましただけでも美味しいです(^^)

13

写真

デコレーションしたものです♪

コツ・ポイント

卵はM・L混合のものをいつも買っているので,どちらでも大丈夫だと思います.砂糖はグラニュー糖・上白糖の両方で作ってみましたが,私の舌では違いがわからなかった為,両方可としました.私のオーブンはオーブンレンジで火力があまり強くなく,焼き色が非常に付きにくいタイプのものです.(8)の部分はオーブンの癖によって調節してください.18cmの丸型で作る場合は材料を1.5倍してください.

このレシピの生い立ち

ずっと難しいと思ってスポンジは避けていました.でもメレンゲ作りに自信があったのと,他の膨らむ系のお菓子では1度も失敗していなかったので挑戦してみました.紹介した本だけではなく,スポンジケーキのサイトや本を読み漁ってから挑戦しました.
主に『週刊パティシエと作るケーキ&デザート』のNo.1の《パータ・ジェノワーズ》を参考にしました.
レシピID : 538763 公開日 : 08/03/27 更新日 : 08/04/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

08/04/12

First tsukurepo mark
写真

やったあ♡作ってもらったよお♡素敵なスポンジありがとうでした♡

めぐメタボ

カラフルで美味しそう(^^)つくれぽありがとうございました♪