春菊と八朔のサラダ

春菊と八朔のサラダ
ほろ苦い春菊にほんのり苦味のある八朔を合わせました。
干物を入れてボリュームアップ。
おかずサラダです。

材料 (2人分)

春菊(柔らかいところ)
ひと束分
八朔
1個
干物(鯵・かますなど)
1匹
生しいたけ
2枚
あれば柚子・すだち・レモンなどの果汁
少々
Aオリーブオイル
大さじ2
A白ワインビネガー
大さじ3
A塩
小さじ1/4
A粗挽き胡椒
少々
A砂糖
ひとつまみ

1

春菊は洗って水気をよく切り、食べやすい大きさにちぎっておく。
八朔は皮を剥いて2~3つにちぎる。

2

干物としいたけはグリルなどで焼き、干物は骨を取ってほぐし、しいたけは食べやすく裂く。
ボウルに入れて柚子などの果汁を振りかけておく。

3

Aの材料を混ぜ合わせてドレッシングを作る。
食べる直前に①と②をふんわり和える

コツ・ポイント

干物は焼いた後、柑橘の酢を振りかけておくと臭みがなくなって塩気もマイルドになります。しいたけも干物と一緒に和えておくと、下味がつく上、食べるまでに干からびるのを防げます。
オイルは太白胡麻油・紫蘇油などでもいいです。酢も米酢・りんご酢などでも。一番のおすすめはホワイトバルサミコビネガーです。甘みがあるので砂糖はなしで。

このレシピの生い立ち

冷凍室に眠るかますの干物と皮が干からびかけている八朔を救済すべく考えたレシピ。春菊のほろ苦さと八朔の苦味がよく合います。
レシピID : 538996 公開日 : 08/03/27 更新日 : 08/03/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」